--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/27
5月11日に攻略本が発売されたゼルダBotWですが、さあて公式の小学館かか完全(自称)のファミ通かどちらにしようかと考えながら書店に行くと、そこにはファミ通版はすでに売り切れ、残っていたのは小学館2冊だけ。

でもまあ、公式なら間違いなどはなかろうと購入しました。そして10日の更新から18日、攻略本を参照しながらコログを探し続け、やっと以下の状況にまでたどり着きました。
17527 2

祠は全クリ、HPはハート27個、コログは現在899個。
あと1個でコログも全クリになります。

この攻略本「任天堂公式ガイドブック・ゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルド」を参考に最後の1個を探していたのですが…。

問題が発生しました。
見つからないのです。最後の1個が!

その問題の1個とは以下の場所のものです。
17527 1

探すこと2時間以上、いろいろなことを試しました。
飛び込んで水草の輪がないか、花の鬼ごっこはないか、どんぐりが浮かんでいないか…。散々探しても見つかりません。

「これはひょっとして誤記載ではないか?」

そう思って攻略サイトを検索しました。参考にしたのはここ。はて、これで見ると該当する場所にコログマークはありません。
「しかし間違いなら指摘する投稿があるのでは?」
と思って「ゼルダ 攻略本 間違い」で検索してもこちらも該当のものはヒットしません。というわけで、攻略本が正しいのか今のところ分かりません。

難関だったハイラル城をクリアした後ではなかなかほかの場所を探す気も萎えます。
さてこの問題をクリアしてコログは見事900個コンプ達成できるのでしょうか?
(17.5.27コロりん記)
05/25
先日ケーブルでアニメ(カートゥーン)を観ていたら「トムとジェリー」が流れていました。
すでにふたりはケンカしない時期の作品だったのですが、やっぱり「トムとジェリー」には仲良くケンカが似合いますね。
さて懐かしの海外アニメです。1970年代から80年代にかけ、再放送を繰り返しました。夕方のキッズタイムには頻繁に流れていたのを観た人も多いでしょう。
17525.jpg
かなりマイナーなものを含めて一覧にしてみます。

Dastardly and Muttley in Their Flying Machines
スカイキッドブラック魔王(ハンナ・バーベラ)1969

ブラック魔王はDick Dastardly、ケンケンはMuttleyですか。あの「ウシッシッシ」笑いは原作通りなんでしょうか? 画面ではマットレーは確かにそんな感じで笑っていますね。
伝書鳩とブラック魔王たちの文書争奪戦です。

Wacky Races
チキチキマシン猛レース
(ハンナ・バーベラ) 1970

原題は「おかしなレース」。「チキチキマシン」は原題にはなく「チキチキバンバン」から取ったであろうことは想像がつきます。
レースをして結局はインチキが裏目に出て負けるというのがお約束でした。

同じハンナ・バーベラからは、

Josie and the Pussycats
ドラドラ子猫とチャカチャカ娘
(ハンナ・バーベラ)1971

原題はそのまま「ジョシ―&プッシー・キャット」。まあ日本のキッズにフィットさせるには邦題のほうが良かったでしょう。

Tom and Jerry
トムとジェリー
(第二次大戦中から)

さて問題のトムとジェリー。おそらく日本で最も再放送された海外アニメでしょう。妖怪ウォッチでも猫妖怪トムとジェリーさんが出てきます。でもこのゲームは欧米ではまずまずのヒット程度にとどまっています。

Groovie Goolies
幽霊城のドボチョン一家
(フィルメーション)1970

原題は「素敵な睾丸」となりますが、そんな低俗なタイトルつけるのかなあ?
それともアメリカでは卑俗的な意味合いが薄いのか?

最近でも海外アニメは放映されています。

Sponge Bob
スポンジ・ボブ
(ニコロデオン)2000

もうこの頃になると原題をそのまま使用します。
一方劇場用では、

Despicable Me
怪盗グルー
(イルミネーション)2010

原題は「卑怯な俺」。
うーん、グルー本人のことを言ってるのか? まあ確かにあの映画は自分を卑下するような描写が時折入りますが…。
(17.5.25コロりん記)
05/20
このゲームでは固定の強敵があちこちにいて近づくとバトルになります。
中でもケンタウロスのような姿をした獣神ライネル、さらにその中でも「白銀のライネル」はゲーム中、最強の敵です。
17520.jpg

最初の遭遇はハイラル城でした。当初は戦い方が分からず、バクダン矢を使ったり、強引に突っ込んだりして回復薬を3つくらいも使いました。武器も2つくらい壊してしまいました。

ゲームをクリアすると(神獣を解放すると?)今度はライネルが白銀しか出なくなります。
(未確認だが雷獣山だけは下級のライネルが出るようだ。クエストのためか?)
そこで闘技場のライネルを参考に自分の攻略法を述べると、

・上空からパラセールで降りて、後方からヘッドショットでバクダン矢をできる限り浴びせかける(通常の矢でもダメージに差が小さいとの説あり)。

・着地後も後ろを取ったらヘッドショットを続ける。頭に当たるとライネルはひるむので、その隙に強力な武器でタコ殴りにする。攻撃力は最低でも60は欲しい。

これを何回か繰り返せば倒せます。

ですがうまく矢が頭にヒットしないとライネルの反撃を受けることになります。ライネルは動きが速いので、突進攻撃を左右に走りながらよけ、背後を取ります。
近くの攻撃は盾ガードかジャストガードですが、大剣のライネルにはジャストガードはなかなか慣れていない人には難しい。そういうときは走って離れて態勢を立て直す方が良いようです。

ライネルが風の空洞を作り、力をため始めたらダッシュで遠ざかる。この直後に大爆発攻撃がきます。これは非常に威力が大きいのでくらうとたとえ防御力60でも大ダメージ必至です(固定ダメージとの説あり)。

ひるんだ隙にライネルの背に飛び乗るという手も紹介されていますが、失敗した時のリスクを考えるといまひとつオススメはできません(タコ殴りにしてもダメージに大差なさそう)。

あとウルボザ持っていればこれを使い、その後はひたすら攻撃を繰り返すのが比較的楽です。ヘッドショットと強力な武器攻撃が成功すれば武器をひとつも壊さず倒すことが可能です。ただ武器が壊れてしまっても、ライネルを倒せば強力な武器が入手できるので、あまり武器の耐久には気にせず闘ってしまってもいいように思います。
5連射弓が入手できるとのことですが、まだ入手したことはありません。

とにかく背後から弱点の頭にどれだけ矢をヒットさせることができるかで難易度は大きく変わってくる敵と言えましょう。
(17.5.20コロりん記)
05/17
トム・マッカーシー監督作品、2016年アカデミー賞オスカー獲得作品です。キネマ旬報3位、メタスコア93点。
評価は最高ランクです。評論家による評価もほとんど高い。

でもなんなんですかね。イマイチハマりきれないというか、盛り上がりに欠けるというか、面白みがないんです。

教会の性的虐待を描いた作品で、「海外の事情が分からないから理解できない」という人も多いが、いくら日本でも教会が慈善行為を行っていることなど知ってそうなもんだが…。
少しでも西洋的宗教の話が絡んでくると「宗教的な映画で日本人には分からない」という人もどうかと。それ、あまりに不勉強過ぎません?

まあそれでも、日本でいえばお坊さんや神社の神主が性的虐待をしているのと同じような話なので、それ自体はなかなかに衝撃的な内容です。

問題は新聞社ボストングローブの「スポットライトチーム」が組織としては目立っているが、個人のドラマが弱く、焦点が散漫になってしまうことです。
誰かの主観的な視線で描かれているわけでもない、誰かに感情移入できるわけでもない。

さらに娯楽性が少なすぎるということ。まるでドキュメンタリー映画です。ならば一般商業映画として発表するのはちょっとズルいわけで、教会の性的虐待というキリスト教圏ではショッキングな題材を使用しているのでなおさら評価が高くなったということでしょう。

淡々とした描写が続き、なにかわざと娯楽的な描写を避けているかのよう。
ですからこの映画には、映画を観る我々のような「愚鈍な」観客にとっては、「お高くとまっている」ように見えるのです。

やはり商業作品として見せるためにはなんらかの「魅せる努力」が必要なのです。

キネマ旬報はやたら文芸的作品を上位に持ってくる癖がありますが(そのためコロりんは評論家選出より読者選出の方を参考にしている)、アカデミー賞はそうとは限らず娯楽作品も選ぶため、ここまで禁欲的な作品にしなくても良かったのでは? とも感じます。

テーマは重いし、着眼点もいい。ですがなにもここまで淡々とした映画にしなくてもよかったのではないかと思える作品でした。
(17.5.17コロりん記)
05/13
ロドリゴ・コルテス監督によるスペイン主導の映画です。
主人公ポール・コンロイ以外、生身の出演者はひとりもいません。まさに究極の少人数映画です。

ポール・コンロイは民間トラックの運転手だったが、イラク戦争の最中テロリストの襲撃を受け、仲間の米国人は皆殺しにされ、ポールは拉致され棺桶の中に閉じ込められ身代金を要求される。

95分間、棺の中しか出てきません。非常に圧迫感を覚え、息苦しくなりそうな映画です。
「ゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルド」が高所恐怖症の人にはクラクラしそうなゲームという感想がありましたが、こちらの映画は閉所恐怖症の人が観たら辛そうです。

この映画、評価が微妙なんですね。というのも、この映画のオチの意味が分からなかった人が多いからです。
「主人公がどうなったのか分からない」「マーク・ホワイトとはなんだったのか?」
ここから先はネタバレです。

マーク・ホワイトとはポールの以前に同じようにテロリストに拉致された人物です。FBIは彼を救出の成功例としてポールを安心させようとします。
そしてポールを救出したはずの部隊が掘り出したのは…実はホワイトの棺だった。…つまりFBIはポールへの気休めとしてホワイトの名を出しただけで、実際には救出に失敗していたわけです。
そして次の失敗例としてポールが名前に入る…というオチだったのですが、どうやら観客の多くには伝わらなかったよう。

で、そうなるとそれは映画側の責任なんですね。
やはり一般の人が最終的に霧が晴れるように理解できなくてはダメなんです。「観客の理解が足りない」というのは間違いで、「観客が理解できるように見せなければいけない」が正しいところです。

そうした意味で、非常に面白そうなシチュエーションを採用しながら残念な結果となった映画です。途中の謎明かしの見せ方もイマイチでしたし。どうせ犯人と携帯ごしに会話するのならなんらかの頭脳戦を入れても欲しかった。

電話のたらい回し、FBI等捜査当局の官僚的対応、企業の無責任体質…まあどこの国も似たようなもんだなあ、と感じる作品ではありました。
(17.5.13コロりん記)
05/10
今作ではこれまでのようなダンジョン攻略の代わりに神獣の解放というイベントが4つあります。
全部解かなくてもラスボス厄災ガノンとも戦えるのですが、せっかくのゼルダなのでやはり攻略したくなるもの。4つの神獣のうち、最も苦労したのが炎の神獣ヴァ・ナボリスでした。

封印していた攻略サイトを見たのですが、端末の解放順が違うと全然攻略サイトも役に立たねえ(嘆)。結局最後まで自分で解く羽目になりました。
最後のギミックを解いた時の、

「ちゃららららららら~ん」

がなんと心地よかったことか(苦笑)。

17510 1
コログの実集めは現在、上(↑)のよう。900個の6割以上まではきています。ってゆーか、まだ4割も残ってんのかよ~。

中にはかなり難度の高い取得場面がありましたが、コロりんがいちばん苦労したのはここ(↓)、ゲルドキャニオンで切り株に乗り、光の輪が現れると制限時間内にその輪をくぐれというものです。
17510 2

ここだけどうしても間に合わないんですよ。
パラセールで空中を悠長に飛んでいては当然間に合いません。そのため空中浮遊をなるべく短時間にしてあとは地面をダッシュ!
パラセールを閉じる時間が遅いとタイムロス、早すぎると着地場所が悪かったりダメージを食ってやはりタイムロスになります。

どうしても、何回挑戦してもクリアできないのでゴーゴースミレから移動力アップ効果の料理を作りました。ダッシュがアップすることLv.3。それでも何度もやり直して、やっとたどり着きました。

さて開いた祠は116(まだサイハテはクリアしてません)。全部開くとHPがハート27個となります。

また次には今回ゼルダ最強の敵「白銀のライネル」とのバトルの感想を書くつもりです。
(17.5.10コロりん記)
05/08
鎌倉沖の相模湾で赤潮が発生したようです。
TVで見ると何キロもの長い海域にわたって海面が帯状に赤く染まっているのが分かります。

ところで湘南海上保安署によると水温の高い日に発生することが多い、とのことで、ニュース報道などを見てもほとんどが「風が弱く海水温が高かったため」という一点のみを取り上げていました。

しかしこれは本当でしょうか?
下に赤潮が最初に確認された5月5日の海水温の平年差分布を貼ってみました。
17508.jpg

問題となる湘南海岸付近は平年よりも低い海水温領域になっています。
高いのは日本海です。ならばなぜ日本海ではもっと大規模な赤潮にならなかったのか?

実は赤潮というものの最大の要因は海水の汚染なんですね。人為的な汚染によって海水が富栄養素化し、それがプランクトンなどの栄養源となって爆発的に増殖し、赤潮となることが主と言われています。
最近での問題点としてあげられるのが護岸工事です。砂浜の減少や干拓は赤潮をさらに発生しやすくします。

ただそれだけではなく、自然な原因でも赤潮が発生することはあるようで、古くは奈良・平安時代にも赤潮と見られる記述はあるようですので、自然現象のひとつでもあるようです。

今回も現場となった鎌倉市にほど近い藤沢市辻堂のアメダス記録を見ても、特に気温は高くもなく、風もかなり吹いています。
どうもマスコミはある一点のみに原因を求めたがる癖があり、複合的な要因を見落とす傾向が強いと言えるような気がします。
(17.5.8コロりん記)
05/04
今回は調合を話題にしてみます。

「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」ではHPはハート30個まで強化できます。初期段階で3つですから27個分、祠にして108カ所攻略すればMAXになるのです。
一方がんばりゲージは円3つぶんまで。象限ごとに強化できますので、8象限ぶん、32カ所の祠攻略でいっぱいです。

祠は全部で120カ所なのでこれでは完全強化はできません。そのため調合した薬や料理がものをいってきます。

17504.jpg
謎のバグ。空中で静止する矢。

早い話が料理でHPを強化するのがてっとり早い道です。
多くの人の攻略を見るとやはりハートの数を上乗せしているようです。料理の中にはMAXシリーズという素材を使ったものがあって、HPの上限以上にハートを増やせます。もちろん増えるのは30個までです。

実は肉やキノコなど、回復用の素材はいっさい要らないのでして、MAXシリーズだけを調理すればいいのです。たとえばマックストリュフを調理して使えば最大HP+ハート1個の状態になる料理を作れるのです。

最大HPからどれだけハートが増える料理かを一覧にすると、
マックストリュフ+1
マックスバス+2
マックスラディッシュ+3
マックスサザエ+3
マックスドリアン+4
大マックスラディッシュ+5

になります。
そしてこの和が料理の効果となるのです。たとえば大マックスラディッシュ2個とマックスドリアン1個を一緒に料理すれば+14になります。

またブラッディムーンの時のように料理が大成功すれば、さらに効果が+1されます。こうしておけば強敵を前にもフルパワーのハート30個にして闘うことができるわけですね。

これらの素材のうちマックスラディッシュとマックスドリアンは比較的入手しやすいので、これらを集めて組み合わせていけば強化も効率的にできるものとしてオススメできます。
(17.5.4コロりん記) 
04/30
先日ニュースで西之島で噴火があり、溶岩が流出しているという様子を見て、
「なんでこんな古い映像流してるんだろ?
と思ったのです。

また噴火を開始したのですね。これには少し驚きました。
というのも、西之島は2013年からの噴火が2015年頃に終わっていたからです。

西之島は典型的なストロンボリ式噴火をする火山です。山頂からは小爆発を繰り返し、溶岩を流す。溶岩の流動性は中間的で、浅間山ほど流れにくくもなく、大島ほど流れやすくもない。
そして2015年の映像を見ると、新溶岩の放出がほとんどなくなり、いわば「カラ爆発」のような爆発的噴火になっていました。

流動的な火山は最初はマグマにガスが多く含まれているので赤熱噴石を爆発的に噴き上げ、ガスが抜けきると静かな溶岩流出が中心になります。この頃が噴火の最盛期です。
そして末期になるとマグマの温度が低下し、結晶化成分が多くなって再び爆発的になる、2015年にはたしかにこの経緯をたどり、その後まもなくして噴火は収まりました。

本来ならこれでまた西之島は数十年の静穏な時期に入るはずでした。
ところが4月中旬あたりから西之島は再び噴火を始め、しかもその形態が最盛期のストロンボリ式噴火と溶岩流出でした。

一度、初期~最盛期~末期の活動を経て静穏になった火山が、再び最盛期と同じ形態の噴火を起こすことは、今まででもほとんど見たことがありません。これがコロりんにとっては大きな驚きだったのです。
4月末現在では西之島は溶岩流が海にまで達し、また面積の増加に至っているようです。

西之島噴火活動の「甦り」には非常に興味を持って見ています。
一連の西之島噴火の噴出物総量は約1億6,000万立方メートル。これは1973~74年噴火の約10倍にあたります。あるいは戦後最大の噴火とされる1990~1996年(活発な時期は91~94年)雲仙岳噴火の2億立方メートルを超えるかも知れません。

かつては「失望の島」とも呼ばれ、一時期定住した人が台風の高波ですべてさらわれるという悲劇もあったこの島での活動は、その前例のない活動状況の変化が個人的にもホットな関心を呼ぶものなのです。
(17.4.30コロりん記)
04/25
今回は中途でほぼカンストに近い状態にまで強化できるため、ボス戦がぬるく感じる人も多いようです。
確かにボスといえどもかなりの部分でゴリ押しで勝ててしまい、これまでの、
「弱点を突いてひるんだ隙に一気呵成に攻め込む」
というスタイルが変わった点は確かです。弱点を探すのが楽しみという人にはその点物足りなく感じられるでしょう。

今回のゼルダに正解はない


できることであればすべてが正解です。
コログの実を集めるイベントでは、どうしてもうまくできなかったので、がんばりゲージ回復薬をガンガン使いまくって力押しでクリアしたこともあります。おそらく正解はほかにあるのでしょうが、回復薬を使いまくることも正解のうちなのです。

そして小技

オーバーハングしているところなどでは使えませんが、少しでもテラス状になっているところならがんばりゲージを回復する手があります。
17425.jpg

それは思い切ってB(キャンセル)ボタンを押し、滑り落ちるときに走って(実際にはBを押さないので歩いて)前に進もうとすることです。
すると立てないので前には進みませんが、足が空回りしているときに、がんばりゲージが一気に回復します。
だいたい2秒くらいでがんばりゲージ一周くらいは回復します。

これもまた力押しの手法のひとつでしょうが、使えることはなんでも使ってみないと。

コログの実は441個でいい

集めるとポーチを大きくしてくれるコログ。
この実は約900個あるといいますが、全部集める必要はありません。441個あれば武器・弓・盾がすべて限界まで増やせます。
441個はほぼ半分であり、ここまで到達するのも大変ですが、リンクをカンストまで強化したければまずこの数字を目指すといいでしょう。
では残りの450個あまりでなにができるか? それは公式からまたなにか発表があるのでしょうか?
(17.4.25コロりん記)
プロフィール

五十 未千夜

Author:五十 未千夜
前HP「ぱーぷるトライアングル」続編ブログ。「フリートーク」の続編です。

別サイト「数のお遊び 1、2のポカン」も追加しました。

未千夜の過去人形ブログも兼ねています。

<このブログに登場する我が家の住人> カスタムをほどこした子には(★)がついてます。

[Lati]
千影:Yellow Laches(★)
未影:Yellow Pury(★)
こりす:White Pury(★)
こじか:White Laches(★)
ひな:White Pury眠(★)
[ROSENLIED]
紗弥:Arina 
華弥:Poppy (ver.Girl)(★)
リズ:限定Lime(★)
ロゼ:限定眠りLime(★)
[piposdoll]
メルル:眠りBaha
ティーティ:Ringo(★)
アリス:Alice Jr.
[VOLKS]
由沙:幼天使ゆき 白雪(★)
由他:幼天使ゆき(★)
一葉:幼SDネオン(★)
鈴菜:幼SD鈴菜
[FELIX]
るぅ:Brownie Momo(★)
すぅ:Brownie Momo眠(★)
ちぃ:Baby(★)
ぽぅ:Brownie PEPE(★)
[CUSTOM HOUSE]
セラ:Bisou Ai Muu
サチ:Bisou Ai Pepe
ウリエル:Petite Ai ウリエル
呼子:Ange Ai Nari(★)
ガブリエル:Petite Ai ガブリエル(★)
ハナエル:Petite Ai ハナエル(★)
ミュリエル:Petite Ai ミュリエル(★)
[theOrientDoll]
キリエ:So JI(★)
[ELFDoll]
ぷぅてぃー:CherryB Babies-JULIA
ぷぅにぃー:眠りJULIA
[Leeke]
アーシャ:Mingky
[SOOM]
[MD/Jul] Keny(★)

[iMda Doll]
Modigli3.3 (★)
Modigli2.2

ロルドール(★)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。