05/17
トム・マッカーシー監督作品、2016年アカデミー賞オスカー獲得作品です。キネマ旬報3位、メタスコア93点。
評価は最高ランクです。評論家による評価もほとんど高い。

でもなんなんですかね。イマイチハマりきれないというか、盛り上がりに欠けるというか、面白みがないんです。

教会の性的虐待を描いた作品で、「海外の事情が分からないから理解できない」という人も多いが、いくら日本でも教会が慈善行為を行っていることなど知ってそうなもんだが…。
少しでも西洋的宗教の話が絡んでくると「宗教的な映画で日本人には分からない」という人もどうかと。それ、あまりに不勉強過ぎません?

まあそれでも、日本でいえばお坊さんや神社の神主が性的虐待をしているのと同じような話なので、それ自体はなかなかに衝撃的な内容です。

問題は新聞社ボストングローブの「スポットライトチーム」が組織としては目立っているが、個人のドラマが弱く、焦点が散漫になってしまうことです。
誰かの主観的な視線で描かれているわけでもない、誰かに感情移入できるわけでもない。

さらに娯楽性が少なすぎるということ。まるでドキュメンタリー映画です。ならば一般商業映画として発表するのはちょっとズルいわけで、教会の性的虐待というキリスト教圏ではショッキングな題材を使用しているのでなおさら評価が高くなったということでしょう。

淡々とした描写が続き、なにかわざと娯楽的な描写を避けているかのよう。
ですからこの映画には、映画を観る我々のような「愚鈍な」観客にとっては、「お高くとまっている」ように見えるのです。

やはり商業作品として見せるためにはなんらかの「魅せる努力」が必要なのです。

キネマ旬報はやたら文芸的作品を上位に持ってくる癖がありますが(そのためコロりんは評論家選出より読者選出の方を参考にしている)、アカデミー賞はそうとは限らず娯楽作品も選ぶため、ここまで禁欲的な作品にしなくても良かったのでは? とも感じます。

テーマは重いし、着眼点もいい。ですがなにもここまで淡々とした映画にしなくてもよかったのではないかと思える作品でした。
(17.5.17コロりん記)
NEXT Entry
「ゼルダの伝説 BotW」プレイ感想10
NEW Topics
フリュー「アライアンス・アライブ」
アメトーーク ファミコン芸人
マイクラ買っちゃいました
「ゼルダの伝説 BotW」プレイ感想12
意味不明の人気ハンドスピナー
Entry Category
映画・特撮・アニメ
プロフィール

五十 未千夜

Author:五十 未千夜
前HP「ぱーぷるトライアングル」続編ブログ。「フリートーク」の続編です。

別サイト「数のお遊び 1、2のポカン」も追加しました。

未千夜の過去人形ブログも兼ねています。

<このブログに登場する我が家の住人> カスタムをほどこした子には(★)がついてます。

[Lati]
千影:Yellow Laches(★)
未影:Yellow Pury(★)
こりす:White Pury(★)
こじか:White Laches(★)
ひな:White Pury眠(★)
[ROSENLIED]
紗弥:Arina 
華弥:Poppy (ver.Girl)(★)
リズ:限定Lime(★)
ロゼ:限定眠りLime(★)
[piposdoll]
メルル:眠りBaha
ティーティ:Ringo(★)
アリス:Alice Jr.
[VOLKS]
由沙:幼天使ゆき 白雪(★)
由他:幼天使ゆき(★)
一葉:幼SDネオン(★)
鈴菜:幼SD鈴菜
[FELIX]
るぅ:Brownie Momo(★)
すぅ:Brownie Momo眠(★)
ちぃ:Baby(★)
ぽぅ:Brownie PEPE(★)
[CUSTOM HOUSE]
セラ:Bisou Ai Muu
サチ:Bisou Ai Pepe
ウリエル:Petite Ai ウリエル
呼子:Ange Ai Nari(★)
ガブリエル:Petite Ai ガブリエル(★)
ハナエル:Petite Ai ハナエル(★)
ミュリエル:Petite Ai ミュリエル(★)
[theOrientDoll]
キリエ:So JI(★)
[ELFDoll]
ぷぅてぃー:CherryB Babies-JULIA
ぷぅにぃー:眠りJULIA
[Leeke]
アーシャ:Mingky
[SOOM]
[MD/Jul] Keny(★)

[iMda Doll]
Modigli3.3 (★)
Modigli2.2

ロルドール(★)

ブログ内検索