08/20
CESAの調査によると2014年の家庭用コンソール・ゲーム業界の総売り上げは4000億円を下回ったそうです。
なんとも景気の悪い話ですが、世界ではむしろ伸びているので、これは日本だけの現象。スマホのようなお手軽ゲームに食われた面もあるでしょうが、あの業界も、少数の大量課金者に支えられての伸びなので、いつバブルがはじけるか分からない。
日本のゲーム業界は混迷の時代がしばらく続くでしょうね…。

それにしても昨年はダブルミリオンが5本(妖怪2、ポケモンORAS、モンハン4G、スマブラ3DS、妖怪2真打)も出ているのに業績が低下しているというのは意外な感がありますが、どうもこれは中規模ヒット作の減少に因るところが大きいようです。
下にハード別の「ソフト1本あたりの売り上げ」を掲示してみました(正確にはランクインしたソフトのみ)。
15801.jpg

ソニー系列のハードはコアなファン層が多く、そして初動は大きいがロングセラーになりにくい傾向があり、1万本~数万本程度の平均値となっています。PS Vitaが最もソフト数が多いというのは安く作れるということが大きいでしょう。
一方、任天堂系列のハードはタイトルこそ少ないものの平均値は大きく、10万本以上に達します。ロングセラーになる傾向が強く、ポケモンから妖怪ウォッチ、モンハンに至るまですべてロングセラーです。

なんとなく作り手の欲求と消費者の嗜好が微妙にずれている気がします。やはり業界全体を引っ張るにはライト層を取り込むことが必要だと分かります。

過去最高を記録した2007年は、PSPで116,000本、PS2でも1本平均92,000本を売っていたので、こうしたソニー系ハードに付いていたライト層が抜け出たのが大きいようです(ちなみにDSは176,000本、Wiiは194,000本)。

ただ業界全体の成績にはハード売り上げも関わってきます。WiiUやPS4は思うように売上を伸ばせませんし、3DSはすでに2000万台以上も普及し、これ以上は爆発的な増加は考えにくいので、業界成績が下がっていく現象自体は仕方のないことなのかも知れません。
(15.8.20コロりん記)
NEXT Entry
ネット上を縦横無尽に走り回る広告たち
NEW Topics
海外アニメを観ながら思った
「ゼルダの伝説 BotW」プレイ感想10
スポットライト 世紀のスクープ
リミット
「ゼルダの伝説 BotW」プレイ感想9
Entry Category
ゲーム
プロフィール

五十 未千夜

Author:五十 未千夜
前HP「ぱーぷるトライアングル」続編ブログ。「フリートーク」の続編です。

別サイト「数のお遊び 1、2のポカン」も追加しました。

未千夜の過去人形ブログも兼ねています。

<このブログに登場する我が家の住人> カスタムをほどこした子には(★)がついてます。

[Lati]
千影:Yellow Laches(★)
未影:Yellow Pury(★)
こりす:White Pury(★)
こじか:White Laches(★)
ひな:White Pury眠(★)
[ROSENLIED]
紗弥:Arina 
華弥:Poppy (ver.Girl)(★)
リズ:限定Lime(★)
ロゼ:限定眠りLime(★)
[piposdoll]
メルル:眠りBaha
ティーティ:Ringo(★)
アリス:Alice Jr.
[VOLKS]
由沙:幼天使ゆき 白雪(★)
由他:幼天使ゆき(★)
一葉:幼SDネオン(★)
鈴菜:幼SD鈴菜
[FELIX]
るぅ:Brownie Momo(★)
すぅ:Brownie Momo眠(★)
ちぃ:Baby(★)
ぽぅ:Brownie PEPE(★)
[CUSTOM HOUSE]
セラ:Bisou Ai Muu
サチ:Bisou Ai Pepe
ウリエル:Petite Ai ウリエル
呼子:Ange Ai Nari(★)
ガブリエル:Petite Ai ガブリエル(★)
ハナエル:Petite Ai ハナエル(★)
ミュリエル:Petite Ai ミュリエル(★)
[theOrientDoll]
キリエ:So JI(★)
[ELFDoll]
ぷぅてぃー:CherryB Babies-JULIA
ぷぅにぃー:眠りJULIA
[Leeke]
アーシャ:Mingky
[SOOM]
[MD/Jul] Keny(★)

[iMda Doll]
Modigli3.3 (★)
Modigli2.2

ロルドール(★)

ブログ内検索