--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/29
ここ1カ月ほど、妻が身体の不調を訴えています。ひとつは頭のもやもや感。頭痛ではないのですが、頭のもやもやが取れず、吐き気を伴うこともあるそうです。
「もやもや病っていうヤツじゃないの?」
妻はこんなことを言いますが、「もやもや病」は頭の写真がもやもやに撮る病気で、感覚がもやもやするわけではありません。

結局、偏頭痛持ちのコロりんが一緒に病院に行って医師と話した結果、「もやもや感は偏頭痛の変種だろう」とのことで、偏頭痛抑制薬のミグシスを処方されました。ミグシスの効き目はかなりあるようで、飲み忘れると気分が冴えないらしいので、やはりもやもやは偏頭痛に至らない、異常症状のようです。

そしてもうひとつ奇妙な症状として、唾を飲み込む時に、ノドの奥に魚の骨の刺さったような違和感があるというものです。インフルエンザの前から起きているので、インフルエンザによって出た症状ではありません。
食道癌や咽頭癌とかを心配し、やはり病院へ行くことに。

「ポリープでもできたのかな?」とはふたりとも考えたことでした。まあ良性のポリープならまだいいか、とも考えましたが、カメラとX線で調べたところ、該当するようなでき物の類いは一切なし。
「何にもできていないのに、どうしてひっかかる違和感があるの?」

そこで医師の話では、おそらくストレスだろうとのことです。
ストレスによってノドの奥に異物感があるなんてことがあるのか? と思い調べてみたら、本当にあるんですね。
それが「ヒステリー球」というものでした。正式には「咽喉頭異常感症」と言います。どうやら食道奥の筋肉の神経が異常反応を起こすためというものらしい。
16229.jpg
(写真と本文は一致しません(笑))

ま、これで、健康に心配はないと分かってヒステリー球も治ってくれるといいんですが。

そういえばコロりんは20年ほど前、連日のような血便と、下腹の中に重い鉄球のようなものが入っている感覚に悩まされたことがありました。
あれもヒステリー球と同様の現象だったのかも知れませんね。
(16.2.29コロりん記)
スポンサーサイト
02/27
なぜか一部ではネタバレがされていた「ポケットモンスターサン・ムーン」が2月27日00時のポケモンダイレクト20周年記念放送で発表されました。

前作「X・Y」から3年余。今回は追加バージョンなしでいきなり新作となります。
(ポケモンORASは追加バージョンにあらず、リメイク)

思えばポケモンというシリーズは、新作までにずいぶんと時間をかけて作ってきました。
ここで過去作を振り返ってみましょう。

ポケモン赤・緑 1996年2月27日
ポケモン金・銀 1999年11月21日(前作から3年9月)
ポケモンルビーサファイア 2002年11月21日(前作から3年)
ポケモンダイヤモンド・パール 2006年9月28日(前作から3年10月)
ポケモンブラック・ホワイト 2010年9月18日(前作から4年)
ポケモンX・Y 2013年10月12日(前作から3年1月)

どれも新世代ポケモンは3年以上の時を置いて発売されているのです。
もしポケモンが小学生だけをターゲットとしているのなら、低学年3年生だった子どもは中学生になってしまいますから、よほど時間を空けてもファンが離れないとの自信があるのか、はたまた開発に手間をかけているのか、どちらにしろファンもよく着いてくるものだと思いますね。

「妖怪ウォッチ」などは毎年新作が出ますから、おそらくファン層を次々に乗り換えてヒットを続けるつもりなのでしょうが、ポケモンは大人でもプレイします。

さて次は第7世代のポケモンということになり、ま、それまでに今厳選していないレアポケモンを育てなくてはなりません。そろそろプレイにかかるとしますかな。

でも「ポケモンZ」はてっきり出るものと思っていたのに裏切られましたね(笑)。
(16.2.27コロりん記)
02/25
1月中旬に購入した「ルイージマンション2」は、コロりんがインフルエンザにかかる前、14日頃にクリアしました。

序盤はこちらが操作に慣れていないために苦戦の連続でしたが、中盤に入るとコツもつかめてきて、ほとんどゲームオーバーになることもなくサクサクと進むようになりました。
ひとつのミッションには1体のテレサが隠されており、このテレサを見つけるのもなんとなく分かってきたのです。

ヒャッキ~ヤ坑道(百鬼夜行?)のボスはさすがにかなり苦戦しました。
敵が強いのではなく、時間を掛けて闘っているとマシンがオーバーヒートしてしまうのです。こうなるとまた最初からやりなおし。
何度も何度も試行錯誤の末、やっとのことでクリアしたあとはラストダンジョンのオドロ~宮殿

ここではテレサを2体取り逃しました。ひとつは時間内にテレサの形のコインを全部取れというミッションでしたが、一度失敗するとミッション最初からやりなおしとなるため、もうゲットはあきらめました。
3Dを最大まで深く表示してプレイするとコインを取りやすいという話でしたが、なかなかそううまくいきません。

そしてなんといっても一番手こずったのが第5ミッション「オバケの大洪水じゃ~!」
これだけで1週間はかかりました。このミッション、タイムアタックなんです。あちこちの部屋に次々に増殖するオバケのせいで屋敷がパンクしてしまう、その前にすべてのオバケを捕まえねばなりません。

ところがこれが至難の技でして、オバケがパンク寸前になると部屋の色が赤く表示されるのですが、2つも3つも同時に赤く表示されるようになり、これらを駆けずり回っているうちに時間切れになってしまうのです。
今思うと、クリアできたのは何百回と挑戦したうちの偶然のような気がします。テレサを逃しているのに気づきましたが、もうやりなおす気力さえありません。

中ボスジャンボテレサはぐるぐる回る汽車の先端にぶっ刺すと動きが止まり…これを繰り返すこと2時間14分もかかってクリア。あ~疲れた。

「テ~レビジョン」でのラスボスのキングテレサは(↓)、一度負けはしたものの、2度目には比較的楽に勝つことができました。
16225.jpg

こうしてみると、最大の難関はオドロ~宮殿の「オバケの大洪水じゃ~!」、次に手こずったのは、最初のダンジョン・ウラメ~シ屋敷のボス戦「くもの巣掃除じゃ!」だったように思えます。

今は娘がプレイしていますが、さーて、終盤の難関を見事突破することができますかな?
(16.2.25コロりん記)
02/23
「スプラトゥーン」第11回フェス「ポケモン赤VSポケモン緑」、我が家は昔からのポケモンユーザーなので、フシギバナの戦略の良さを知っており、無条件で緑に参戦しました。

そして20日のフェス開始!
こりゃあ、強い。コロりんがやっても、さらに技術が上の娘がやっても、相手をゲシゲシ倒していけます。
どうでしょう? 感覚的には勝率7割~8割くらいにはなっているでしょうかね。一度も同士討ちがないので数としては圧倒的に少ないのはすぐに分かりましたが、現在は勝率が優先されるフェス(係数6)。
「たぶん、緑の圧勝だよ」
と娘とふたりで余裕の会話。

発表は翌日の18時過ぎにまで持ち越されましたが、結果は、
得票率「赤61% × 緑39%」
まあこれは予想通り。しかし
勝率「赤36% × 緑64%」
となり、
16223.jpg

最終成績「赤277 × 緑423」
という歴史的大勝となったのです。

月曜日に娘が学校でみんなに聞いて回った結果、「リザードンがかっこいいから赤にした」という子がほとんどで、緑はわが娘ただひとりだけだったそうです。

やっぱりな~。昔のポケモンを知らない小学生たちは、リザードンのかっこよさにだけ憧れ、フシギバナの妙技を知らないのですね~。
ということで、技術的に未熟なお子たちが大挙した赤は負けてしまったわけです。

なるほど、これからフェスをやる時には「子どもの動向」(同様にニートの動向(笑))も考慮した方が良さそうですね。

プレイ中、なぜか「ポケモン緑」を「緑のたぬき」と言い間違えることの多い娘でした(笑)。
(16.2.23コロりん記)
02/22
インフルエンザB型の熱は下がりましたが、セキやのどの痛みはさらにひどくなっているようです。一時期回復した食欲もまた下がり気味。なんともしぶといインフルエンザウイルスです。

「レゴムービー」を観て、すごいブロックを使った映画だと思ったらこれがすべてCGと聞いて驚き。
あれをブロックで作ったとしたらすごいが、CGとしてもブロックの質感をあそこまで表現できるなんてやっぱり驚きです。

この「レゴムービー」、日本では成績がふるいませんでした。しかし世界では500億円の興行収入を得ており、レゴ人気が定着していることが分ります。
なぜ、日本では「レゴムービー」の成績は悪かったのか? これは思うに、ブロック遊びというものから子どものものというイメージを払拭し切れなかったものと思います。実は「レゴムービー」の内容はかなり高度で、決して子どもだけのものではないんですけどね。
16222.jpg

そんなレゴですが、来年春には名古屋金城埠頭に「レゴランド・ジャパン」が開幕します。
自家用車利用が多く、大量集客に向いていなかった名古屋圏にも「リニア・鉄道館」と並んで、港に目玉のテーマパークが並ぶわけです。あおなみ線「金城ふ頭」駅前にオープンするので、今までとは違った形の(東京・大阪型の)、テーマパーク地帯を形成して欲しい。ホテルやショッピング街も併設されるとのことですから、「レゴ不毛の国」日本の意識も変わってくれればいいですね。

レゴといえば「レゴシティアンダーカバー」というゲームの評判がすこぶるいい。買った人のほとんどがハマるという良ゲームですが、日本での売り上げはこの3DS移植版ですら8万本に過ぎません。海外ではミリオンを軽く突破していますから、ゲームの世界でも「レゴ食わず嫌い」の日本のガラパゴスな特徴が出ているわけです。
「買えばマイクラよりハマる」という人もいるくらいですから、中毒性が高いのでしょう。ストーリーモードを終わらせてからが本番!というあたりはドラクエ9のようです。

それでこのゲームも買ってみたいのですが、プラットフォームがWiiUということで二の足を踏んでいます。
というのも我が家では現在、WiiUの稼働率はPS3やX箱をはるかにしのぎ、3DSよりも高いレベルになっているからです。稼動しているソフトは「スプラトゥーン」「マリオメーカー」「マイクラ」で、なんだか常にこの3つのどれかが動いている状態(笑)。

しかもコロりんは「ゼノブレイドクロス」をプレイしたくても我慢している状況ですので、レゴはいつになるか…。
しかし今まで、FC、SFC、PS、PS2、Wiiが我が家の据置メインハードとして稼動してきましたが、WiiUほど中毒性の強いソフトが連発しているのは記憶にありません…。
(16.2.22コロりん記)
02/20
しばらく更新が滞っていましたが、実は、インフルエンザで寝込んでいたのですね

昨年1月にもコロりんはインフルエンザに罹りました。そして今年も罹ってしまうとは、ということですが、昨年のはA型。今年のはB型だったのです。タイプが違うと免疫は機能しないということで、なんと2年連続でインフルエンザに苦しむことになってしまったのです。

ことの発端は娘の学校です。B型のインフルエンザが流行っていて、注意勧告がなされていたんですが、そんな娘が先週から嫌なセキをし始めました。とはいえ、元気に動けるし、熱もない。インフルエンザといえば症状が急激で、パーッと高熱が出て一気に寝込むというのがイメージにありましたので、コロりんはこの時点ではインフルエンザを疑いもせず、一緒に遊ぼうという娘につきあってふたりでくっついて「ルイージマンション2」のマルチプレイをしていたりしたのです。

それが3日ほどして娘が熱を出し始めました。熱は37℃台でさほど高くもなく、この時にもまだインフルエンザを疑うことはありませんでした。それからコロりんもセキが出るようになりましたが、「ただの鼻風邪だろう」と軽く考えていたのです。

そして今週月曜に娘の熱が38℃にまで達し、さすがにおかしいと思ったところ、「インフルエンザはB型だと、熱が急に出なかったり、熱が出たり消えたりすることもあるらしい」と聞いて、近所の病院に連れて行きました。
そしたらインフルエンザのB型だったんですね。

となると「やっば、これオレもインフルエンザかも?」と思っていたところ、その夜から急に熱が出始めました。とはいっても体温は37℃台でやはり高熱ではありません。通常なら「微熱」といえる程度の熱です。ですがもともとコロりんは熱に弱い体質で、37℃でも十分辛い思いをしたのです。
そして娘を連れて行った病院で鼻に脱脂綿のようなものを入れられて検査したところ、もののみごとに娘のB型インフルエンザをもらっていたのでした。

さあそれからが大変。
感染者の間近で大量のウイルスを取り込んだせいか、娘の症状をはるかに上回るひどさ。娘が処方された薬はリレンザ(インフルエンザ薬、10代にはタミフルは異常行動の危険があるので処方できないらしい)でしたが、コロりんに処方されたのはタミフル。
「帰ったら空きっ腹でいいですからすぐに飲んで下さい」
と門前薬局の指示通りに飲んだらしばらくして猛烈な吐き気が襲ってきて、セキこんだ拍子に2回ほど嘔吐してしまいました。
関節痛、頭痛、悪寒、違和感、食欲不振など、「ほんとに37℃台か?」と思うほどの症状でフラフラになり、職場への病気休暇取得報告も妻に任せました。電話一本できないほど辛かったのです。

B型はしぶといらしく、すこし良くなってはまた悪くなりを繰り返し、ようやく今になって熱も下がり、こうしてPCの前に座ることもできるようになりました。

職場に戻れるのは完全解熱から3日後ということで、来週には復帰できるとは思いますが、昨日になって妻が熱で寝込んでしまいました。
「もう病院へ行くのも面倒。インフルエンザは成人なら寝てれば治るんでしょ?」
といってこのまま自宅で寝ているつもりのようです。まあ、妻は働きに出ているわけでもないので、職場に広めるということもないでしょうし、被害は広がらないとは思いますが。

そして最初に感染してきた娘は当然、最初に元気になりつつあります。ですが今もセキが続き、食欲もあったりなかったりと変動しているようなので、まだちょっと心配なのではあります。
今日のイカきゅんのフェスには参加するといっていますので大丈夫でしょう(笑)。
(16.2.20コロりん記)
02/14
妻はアトラスのファンです。とはいってもなんにでも手を出すわけではなく、評価を見て購入します。特に最近のアトラスは以前とはスタッフも大きく変わり、ダークさが薄れるなどの変質もあって妻好みのものではなくなっている面もあるようです。
特に「真・女神転生IV」↓はシンボルエンカウントに難があり、妻には不満の残る出来だったようです。
16214.jpg

とはいえ、やはりそこはアトラスマニア、新作が出るとなると気になるようで、「真・女神転生IV FINAL」にはなかなかに心が動いているようです。
と、そこで妻が参考にするのはamazonのレビューなのですが、この「メガテン4ファイナル」が発売された当日、amazonのレビューには星1つが並びました。とにかく狂ったように最低点をつける頭の捻じ曲がった連中が大挙して押し寄せたのです。

そのため総合点も5点満点中2.0という散々な評価となってしまいました。
ところがこの最低点をつけた理由というのが「課金が気に入らない」だけなんです。ゲームの内容に触れているものはまったくといっていいほどない状態でした。中には荒らしの常連のようなヤツもいます。どんだけ熱量高いんだよ。
課金があるかどうかなんて、公式サイトやゲーム雑誌をチェックすれば誰でも分かることなんで、要するに「プレイした人しか知らないシステム的な評価」が入っていないのを見ると、
「お前、本当はやってないだろ?」
とツッコミたくなるのです。

その後、「メガテン4ファイナル」には本当にプレイしたファンがレビューを書き込むようになり、評価はどんどん上がっています。
12日の夕方では3.6にまで上昇しました。
中には「ネガキャン酷すぎなので我慢なりませんでした」と書いている人もいて、ここからが本当の評価になると思います。

世の中には中立の立場を装って宣伝行為をする「ステマ」というものがありますが、その逆が「ネガキャン」です。なぜこのゲームにネガキャンが激増したのかは分かりません。その前に発売された「幻影異聞録#FE」はきわめて高評価で、しかもネガキャンなどきていないからです。

amazonで購入した人しかレビューに参加させないという手もありますが、それだと評価数が集まらず有意な評価が入手できない可能性もあります。これはなんとも難しいところです。
雑誌のレビューなどは明らかな荒らしは削除するんでしょうね。そう思うと、やっぱり「ネットは闇世界(病み世界)だ」と思わされるのです。
(16.2.14コロりん記)
02/12
先日レンタルで「パーフェクト・ストーム」を借りました。以前、劇場でも観た映画なのですが、ディザスター映画を観たい気分になって借りたものです。
なんだか「全員死ぬラストが気に入らない」なんてブログ書いている人も見ましたが、あの話は事実に基づいているから仕方ないじゃん。現実ではそんな都合良く「奇跡」は起きてくれないことを直視しようよ。

この舞台となったパーフェクト・ストームは1991年ハロウィンから万聖節にかけてアメリカ・カナダ北東海岸を襲った暴風雨です。
もともとあった寒気を伴う気圧の谷に、ハリケーングレースが入り込むことによって温帯低気圧化の再発達が起こり、風雨を強めたものでした。

これと類似した現象を日本でも探してみました。
162111.jpg

↑は2004年12月に日本付近を猛烈に発達しながら通過した低気圧の例です。発達したのは温帯低気圧の方ですが、台風27号がその勢力を持ち込みました。この暖気を受け継いで温低が猛発達したのです。暖気を伴い、一部では12月だというのに夏日になったところがありました。

続いて↓の例です。
これには台風は絡んでいません。2012年4月に猛発達しながら通過した「爆弾低気圧」の例です。山形県飛島では最大瞬間風速51.1メートルを記録するなど、記録的な春アラシとなりました。
162112.jpg

これらの低気圧に共通するのは中心に強い暖気核(warm core)が存在することです。普通、温帯低気圧は暖気と寒気の接触面で発達するものですが、こうした異常発達した低気圧には中心に暖気核を持つものが目立つのです。
そして1991年の「パーフェクト・ストーム」でも同じようにグレースから勢力を受け継いだ低気圧には暖気核があったのです。

当時の解析力ではまだ分からなかったことですが、洞爺丸台風でも似た現象が起きていたのかも知れません。
科学は日進月歩。これまでは単純化された理論が、実は複雑なメカニズムを持つ現象だった、ということが判明するのかも知れません。
(16.2.12コロりん記)
02/09
「スプラトゥーン」フェスでの景品「スーパーサザエ」。これはイカきゅんのギアのスロットを増やしたり、スロットを刷新したりすることのできるアイテムです。
前回、「カンペキなからだ VS カンペキな頭脳」では娘の参加した「頭脳派」は負けてしまいましたが、それでも称号を「えいえんのカンペキな頭脳ガール」にまで上げたため、スーパーサザエくん18個をゲットできました。

下はそのスーパーサザエくんの数ですが、すでに60個に達しています。
本来ならこれをハイカラシティの片隅にいる「ダウニー」のところへ持っていくと、ギアのスロットを増やしたり、ギアをリセットして一新できるのですが、娘はそれをやろうとしません。そしてスーパーサザエくんを貯め続けているのです。
16209.jpg

「ダウニー、スーパーサザエくんを食べるからかわいそう」
というのが使わない理由だそうです。まあね、確かにダウニーの横ではスーパーサザエくんが震えていて、かたわらにはスパーサザエくんの殻が転がっています。ダウニーは食べているんですね…こうした点で任天堂は結構残酷な描写も出してきます。

もうひとつ、このダウニー、ひどいボッタクリ野郎でして、スーパーサザエくんの代わりに現金で同じこともできるのですが、1回なんと3万ポイントも使うのです。もちろん、スロットマシンのように何が出るかは分りません。
数百万ポイントを使い、ろくなギアが集まらなかった人もいます。

うちのプレイではスーパーサザエくんで60回、ポイントで150回以上チャレンジできるので、やってみればいいのですが、
「ダウニーにお金払うのがイヤ」
と娘は言います。(じゃあなんでフェスに参加するんだよ?)

すでに所持金も470万ポイントを超えて、やっとのことでAランクの仲間入りを果したわがイカきゅん。
少なくともギアのスロットを増やすだけでもしたほうがいいと思うんですが…。
(16.2.9コロりん記)
02/07
先日GEOに「ドラゴンクエスト8」を売りに行きました。価格は2,300円。結構な値段になりました。

コロりんが最初に手にしたゲームは「ドラゴンクエスト3」です。当時のRPGはある種の無法地帯な面があり、一本道ながらも突拍子もないプレイスタイルが取れたのです。
それ以来、ドラクエシリーズは必ずラスボスはもちろん、隠しボスまで必ず倒しました。ドラクエ9では強敵とされる魔王系ボスもすべて倒してきました。

ところが「ドラクエ8」ではどんどんテンションが下がっていったのです。
まず終盤になると、強敵数体と闘っても600とか800とかの経験値しか入らず、メタルキングのみが経験値30,000といういびつなゲームバランスになっているのです。つまりザコ敵はすべて無視して、ひたすらメタルキングのみを追い求めればいい。シンボルエンカウントになった「8」リメイクではメタルキングはすぐにどこにいるかが分かります。
ザコはすべてスルー、メタルキングのみを追いかけまわす、この退屈なスタイルに飽きてしまったことがあります。

加えて「ルイージマンション2」を購入したことも大きく影響しました。
難易度の高いこのアクションゲームですが、その面白さは単調なドラクエ8よりはるかに魅力的だったのです。

こうしてドラクエ8のプレイが滞るうちに、自分がメインストーリーをどこまで進めたか、どんな必須イベントをこなしたのかも忘れてしまい、気がつけば「次に何をすればいいんだろう?」という状態になってしまいました。

ということで「もう気分も冷めてしまったし、やっても仕方ないや」という結論に至りました。

このぶんだと「ドラクエ11」にも手を出すかどうか分からないですね。まずは周囲の評判を見て、変わったシステムが少しでも含まれていればプレイするでしょうが、今までのドラクエ路線ではもうプレイすることはないように思います。
(16.2.7コロりん記)
02/04
12月17日に配信開始されたばかり「Minecraft: Wii U Edition」が1月末現在で、WiiUのダウンロード歴代1位になっていることが確認できました。
15203.jpg

「スプラトゥーン」はだいたい20~25%程度がDLといいます。パッケージ版の売り上げがファミ通やメディアクリエイトをみると概ね120万本程度ですから、パッケージとDLの合計は150~160万本程度には達しているでしょう。
つまり「マイクラ」は1カ月半で約30~40万のDLを達成していることになります。

「マイクラ」はほかの機種やPCでもプレイできるため、今さらWiiUで出しても売れないだろうなんて予測をしている人もいましたが、おそらくは年末年始を含めても、イカきゅんに匹敵、もしくはそれ以上の売り上げを出していたはずなのです。
パッケージ版がないことがなおさらDL版の売り上げを後押ししたようです。今後のパッケージ版の発売は検討中とのことですが、日本のマイクロソフト社での最大のヒット作が、なんとライバル社のハードから出るというのはなんとも不思議なことです。

さて後発ながらWiiU版マイクラがなぜ大ヒットとなったのか、その理由を考えてみますと、追加要素の充実もさることながら、PS4やPC版などと違って、ゲームパッド画面で、携帯機感覚でプレイできるというのが大きいと思います。
我が家でも、妻が「ディアブロ3」をTV画面を使ってプレイ中に、コロりんは手元のパッドを使ってマイクラを遊んでいることが多いのです。

これは今後のゲーム開発にも考えるべき点かと思います。たとえばマリオメーカーやスマブラもパッドだけでも遊べます。もちろんTV画面を使ったほうがプレイはしやすいのですが、マリオメーカーでいえば、タッチペンでパッドをつつきながらステージを作るので、こうした据置機+携帯機の機能を使ったゲームは非常に使いやすい。

売り上げ的にはソフトの多いPS4には劣るWiiUですが、こうしてみると、かなり遊びの幅の大きいハードだと感じます。ま、そのぶん開発陣は大変で、そのためサードパーティが参入しにくいという面もあるのですがね。
(16.2.4コロりん記)
02/02
6年前のCGアニメーション映画、2人監督でディーン・デュボアとクリス・サンダース。配給はディズニーではなくドリームワークスです。

何のひねりもないタイトルです。原題は「How to Train Your Dragon」ですから、直訳すると「ドラゴンと仲良くなるためには」とでもなるのでしょうが、やっぱり日本の配給会社はセンスがありません。
原題のままでもタイトルにしにくいのは分かりますが、これでは何も考えていないと言われても仕方ないところか。

ヒックは投石器で凶暴なドラゴン「ナイトヒューリー」に深手を負わせます。一方村のバイキングたちはヒックをなかなか認めようとしません。
ヒックとナイトヒューリーは森の中で出会いますが、ヒックはナイトヒューリーにトドメを刺すことをためらいます。そこから人間と竜の不思議な友情が生まれるのです。

バイキングたちは頭が固く、「ドラゴンは人間の敵」という考えを変えません。ナイトヒューリーを捕らえ、ヒックを幽閉してドラゴンの島に向かい、敵の総大将に攻撃を加えます。しかし相手はゴジラ級の巨大な竜グリーンデス。またたくまに蹴散らされてしまうのです。
で、そのドラゴンの親玉グリーンデスをナイトヒューリーたち人間と仲良くなった竜たちが、人間と一緒に倒すのですが…、

あのぅ、これ人間側が手出ししなければ別に何も起きなかったんじゃ…?
敵のグリーンデスは人間の村に攻めてきたことはなかったんですし。これで退治されるドラゴンにしてもはた迷惑な話だわ。まるで「エイリアン2」のようです。人間が入り込まなければ何も起きない、万事平和のはずだったのに…。

それと話が少々単純すぎたようにも思え、前置きが長すぎて、後半は猛ダッシュです。
ドリームワークスにはピクサーほどの深みがありませんね。
それでもCGは日本のアニメなど100年経っても追いつけないのでは、と思えるほどキレイでしたし、やっぱり平々凡々な日本のアニメと比較するのは失礼にも思えます。

グリーンデスが「ドラクエ1」の竜王に見えたのは、自分だけかも知れない…(笑)。
(16.2.2コロりん記)
プロフィール

五十 未千夜

Author:五十 未千夜
前HP「ぱーぷるトライアングル」続編ブログ。「フリートーク」の続編です。

別サイト「数のお遊び 1、2のポカン」も追加しました。

未千夜の過去人形ブログも兼ねています。

<このブログに登場する我が家の住人> カスタムをほどこした子には(★)がついてます。

[Lati]
千影:Yellow Laches(★)
未影:Yellow Pury(★)
こりす:White Pury(★)
こじか:White Laches(★)
ひな:White Pury眠(★)
[ROSENLIED]
紗弥:Arina 
華弥:Poppy (ver.Girl)(★)
リズ:限定Lime(★)
ロゼ:限定眠りLime(★)
[piposdoll]
メルル:眠りBaha
ティーティ:Ringo(★)
アリス:Alice Jr.
[VOLKS]
由沙:幼天使ゆき 白雪(★)
由他:幼天使ゆき(★)
一葉:幼SDネオン(★)
鈴菜:幼SD鈴菜
[FELIX]
るぅ:Brownie Momo(★)
すぅ:Brownie Momo眠(★)
ちぃ:Baby(★)
ぽぅ:Brownie PEPE(★)
[CUSTOM HOUSE]
セラ:Bisou Ai Muu
サチ:Bisou Ai Pepe
ウリエル:Petite Ai ウリエル
呼子:Ange Ai Nari(★)
ガブリエル:Petite Ai ガブリエル(★)
ハナエル:Petite Ai ハナエル(★)
ミュリエル:Petite Ai ミュリエル(★)
[theOrientDoll]
キリエ:So JI(★)
[ELFDoll]
ぷぅてぃー:CherryB Babies-JULIA
ぷぅにぃー:眠りJULIA
[Leeke]
アーシャ:Mingky
[SOOM]
[MD/Jul] Keny(★)

[iMda Doll]
Modigli3.3 (★)
Modigli2.2

ロルドール(★)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。