01/30
今月24~25日にかけての大寒波南下では九州・沖縄を中心に記録的な低温と雪になりました。下は20日の名古屋の雪景色です。この雪は2日ほど前まで日陰には残っていました。
16130.jpg

数日前から、その寒気の強さは予測されており、ひょっとしたら「沖縄で雪が降るか?」と予想(期待)されていました。

そして1月24日に沖縄本島の名護で「みぞれ」を観測したといって、「沖縄本島では史上初の雪だ」と騒がれ、ニュースや例によって軽い予報士も騒いだのです(1977年に久米島でみぞれを観測しているので「沖縄県」初ではなく「沖縄本島」初という扱い)。

ところがですね、名護は2002年2月で有人気象観測は終えており、それからは「特別地域気象観測所」という、無人の観測点となっているのです。
それで問題となった「みぞれ」ですが、↓の通り、22時26分から降っている…ことになっています。しかしみぞれが降っているはずの22時30分の気象状況は気温6.1℃、湿度64%で、ちょっと雪が混じるには難しい状況。
161302.jpg

この「雪」、気温と湿度で自動的に計算して出しただけの参考記録に過ぎないのですね。つまりあくまでも機械の計算ではこうなったよ、というレベルのものを大げさに「雪だ~」と騒ぐのはおかしいのです。

この無人観測点の天気観測のいい加減さは以前から指摘されていて、たとえば2014~15年にかけての寒候期には、愛知県の南の突端、伊良湖ではなんと27日間も「みぞれ」を観測しました。
この冬、伊良湖より圧倒的に寒く雪も多い名古屋では人間が目視で観測していますが、15日間の雪を観測しただけにすぎず、しかも「みぞれ」は5日間だけです。

伊良湖の「みぞれ」は不自然なほど多すぎるのです。これにはいくつか原因がありまして、
1.降水の有無を誤判定する
2.みぞれを判定しやすい
3.みぞれの判定基準が甘い
などがあります。実は「みぞれ」の自動判別は本来は「雨か雪」で、有人観測点なら人間が外に出て確認するのですが、無人観測点では機械的に「みぞれ」にしてしまうのですね。

あとは降水がないのに、なんらかの水滴を「みぞれ」と誤判定するのも問題のひとつです。

今回の名護の例も、本当にみぞれだったのか? それははっきりしないのです。見て確認したわけでもないことを、確認済みのように報道する姿勢はいただけませんね。
(16.1.30コロりん記)
01/28
260時間のプレイ時間を経て、キャラクターをLv.99まで上げた「ゼノブレイド」
そのゼノブレでもっとも好きな空間がノポン族の故郷「サイハテ村」です。

「サイハテ村」とは深い森の奥にあり、ノポン族が集団で暮らしている村ですが、このガヤガヤ感が素晴らしく魅力的なのです。「村」とはうたっていますが、都会の猥雑さをそのまま集合住宅にしたような感じです。
吹き抜け型の多重構造からなり、壁面にグルグルと通路が張り巡らされ、最上階までいくと目もくらむような高さになります。

素材は周囲が巨大な原生林の木。中は土や自然木、人工木などで、地階には池があって、なぜか屋上にも池があります。
ゼノブレイドでのサイハテ村↓
161282.jpg

ここでチマチマコロコロしたノポン族が楽しげに暮らしているのは見ていて非常に楽しげに思えるのです。

サイハテ村はおもに曲線からなる構造物なので、ボックスをメインとするマインクラフトにはいまひとつ合わない面もあるのですが、それでもこの下町的でのんびりしたムードの村を再現できないかと現在、作成中です。↓は途中経過ながらマイクラ版サイハテ村の風景。
16128.jpg

ノポン族の身長は人間(ホムスと呼ばれる種族)の半分以下しかないので、個別の家は小さい。しかしマイクラではそんな家は作れないので、仕方なく人間がやっと住める大きさの部屋をいくつも作って再現してみました。

残念なのは「ノポン族を発生させられないこと」
これは人間で代用するしかないかな。もっともいつの間にやら動物がいっぱい入り込んで、もうすでに賑やかっぽい空間を作り始めています。

マイクラでは整然とした町並みより、こうした雑然とした不規則な家々を作る方が楽しいんですね。
(16.1.28コロりん記)
01/26
イカきゅんをプレイしていて時折表示される「現在メンテナンス中です」の表示、どういうときに起きるのかよく分からなかったのですが、どうもサーバーへの接続数が限界を超えるとサーバーがダウンするために、修復のために行っていたようでした。

イカきゅんへのアクセス数が多いのか、サーバーが細道すぎるのか?
16126.jpg

そんなイカきゅんの第10回フェスが先日行われました。
テーマは「カンペキなカラダ VS カンペキな頭脳」

…が、最初に1回対戦したと思ったら、次からは延々と待ち受け画面が表示され続け、ついには「通信に失敗」の表示が出ます。何度繋ごうとしても同じこと。

「こりゃ通信障害だな」と思ったのは開始してから30分ほど経ってのこと。
その後、2時間ほどして繋がるようになったと思ったのもつかの間、数回対戦したらまたすぐに回線が落ちてしまいます。

結局通常にプレイできるようになったのは夕方になってからで、中には、
「フェスのために有給まで取ったのに…」
というツイートをした人もいて、ちょっと同情します。

でもまあ、オンラインでも無料なんだからあまり強く批判するのもどうかなあ。
「ドラクエ10」なんて月額課金していながら、何時間もアクセスできずに待たされた人もいたといいますから、それに比べたら…。

ちなみに我が家は「頭脳派」に参戦して、見事に負けてしまい(笑)、それでも「えいえんのカンペキ頭脳ガール」にまで称号を上げたため、なんとかスーパーサザエくん18個をゲットできましたよ。

でも称号上げるのに、夜の10時頃までかかっちゃったな~。
(16.1.26コロりん記)
01/24
「ルイージマンション2」、相変わらずの操作性の悪さと複雑さ、そしてセーブ機能の弱さに四苦八苦しています。
これは想像ですが、このゲーム、本来は据置機向けに開発されたのではないでしょうか?

16124.jpg
前作「ルイージマンション」はGCでの発売でした。確かに腰を落ち着けてやらねばこのゲームを続けるのは困難でしょう。携帯機でありながら、少なくとも2時間はプレイに没頭できる環境が要求されます。

チャプター1の4ミッションをこなすとパーティプレイができるようになります。とは言っても本編をパーティで解けるというわけではなく、タイムアタックのミッションをこなすというものです。
最初のミッションは時間5分間にすべてのオバケを捕まえればクリア。モードとして5Fから25Fまであり、とても25Fなんて手に負えそうにないので、5Fで挑戦するんですが、2人ではなかなかクリアできません。
どうやらこれはオンラインで最大4人を集めてプレイするのが基本らしく、2人でクリアというのは非常に高難度なようです。

発売からまもなく3年も経つゲームですが、ある朝、娘が学校に行く前に繋げてみると、なんとひとり訪問者があり、一緒にプレイしました。平日の朝に3年も前のゲームをオンラインで遊んでいる人がいるんですね。残念ながら2人では途中ゲームオーバーになってしまったようです。

攻略動画を見てみると、参入はしたが全然何もしないプレイヤー、必須アイテムを持ったまま、何もさせずゲームオーバーになるのをひたすら待つ、いわば嫌がらせのアクセス者が結構多いのが気になります。
ゼルダ三銃士でもこうした悪質プレイヤーの存在は問題になっていまして、ブラックリスト登録機能もあるのですが、人間って匿名になるととことん下劣になれるんですね。

まだ純粋な娘がこうした一部の悪質プレイヤーに傷つくのを恐れています。

なおコロりん「すれちがい通信」で、ネットの掲示板と勘違いしたような誹謗中傷・差別・暴言をコメントしたヤツラをすれちがいお断りに設定しています。約10,000人中、7人程度なので決して多くはありませんが、ゲームで嫌な思いはしたくないです。なにより、自分と同じゲームを楽しんでいる人が、性悪な人物だと思うと気が滅入りますよね。
(16.1.24コロりん記)
01/22
1月20日の朝日新聞に奇妙な記事が載りました。
いや「奇妙な」というと失礼な感じがしますが、ちょっと異色な、という記事です。
東スポが書いても「ネタだろ?」で終わりですが、朝日という大新聞が、しかも大学生の卒業論文を紹介した内容ですので、やはり興味がわきます。

「被災地、タクシーに乗る幽霊 東北学院大生が卒論に」
これがそうです。
東北学院大生が東北の被災地で、タクシーに乗る幽霊を目撃した例を「幽霊現象」のとしてフィールドワークで取材し、論文にしたのです。

コロりんは以前から疑似科学批判のようなことをしていますが、批判対象としているのは「すでに判明していることを何度も蒸し返すインチキ学問」に限っています。
だから原発事故では安易に「危険厨」「放射脳」などという言葉を使っていませんでした。不明な部分がある事柄は素直に学者側の力不足も認めよう…それがコロりんの立場です。
(まあそんなような立場の記事を書いたこともあるけどね)

新聞記事は時間が経つと消えてしまうものも多いので、要点を抜き出します。
『石巻駅近くで乗り込み「南浜まで」と告げた。「あそこはほとんど更地ですが構いませんか」と尋ねると、「私は死んだのですか」と震える声で答えた』
『8月なのに厚手のコートを着た、20代の男性客だった。バックミラーを見ると、まっすぐ前を指さしている。繰り返し行き先を聞くと「日和山」とひと言。到着した時には、もう姿はなかった。』

はい、可能性だけをあげればなんとでも言えます。幽霊に見せかけた乗客のいたずら…。目立ちたいだけの運転手の狂言…。
それにしては証言が妙に具体的で、しかも卒論を書いた学生さんの語るところによると、
「運転手にみなさんは恐怖心ではなく、幽霊に畏敬の念を持ち、大切な体験をしたと感じている」そうです。

しばしば「臨死体験」をした人が、それまでの人生観を大きく変えられ、とても思いやりのある人物になったなどという話を聞きます。宇宙へ行った飛行士が、あまりの宇宙・自然の偉大さに触れ、信心深い人柄になった話も聞きます。

「臨死体験なんて、あんなのは酸素不足になった脳が見せる幻覚だよ」というのは証明されているわけではありません。臨死体験が死後の世界である確証もないのと同じく、脳の幻覚というのも仮説の域なわけです。

「幽霊を否定することが科学」ではありません。「幽霊といわれるものがなぜ現れるのか? なぜ人はそれを幽霊と認識したのか?」それを調べるのが科学なのです。
(16.1.22コロりん記)
01/20
2013年に発売され、緑の二番手キャラとして初のミリオンセラーを獲得した「ルイージマンション2」を購入しました。

ビビリのルイージが、お化けの巣食うマンション(大邸宅である。日本のマンションの意味ではない)で、お化けたちがキングテレサによって暴走してしまい、それを鎮めるため(強制的)に派遣されるという話。
16120_20160120221134435.jpg

ミッションチャプター形式になっていて、最近のバイオや零を思わせる作りですが、子ども向けイメージの強いマリオシリーズにしては…いやマリオシリーズだからこそか、非常に難度が高く、特にどれだけ頑張ってゴールドやアイテムを回収しても、お化けとのバトルに負けるとすべて消えてしまうという作りには脱力感が漂います。

となるとプレイスタイルは、最初の頃のミッションでガンガン武器(オバキューム)を強化しながら、慎重に進めるという形式となってしまいます。
なんせひとつのミッションクリアには平均して40~60分ほどかかるので、ゲームオーバーになって時間がまるまるムダになってしまうのは避けたいところ。携帯機の3DSソフトですが、中断セーブ機能もなく、ミッションを始めたら終わるまで休むこともできない。
まあ3DSを閉じておけばいいんですが、どこまで進行したか分らなくなってしまうのでそれもやりたくない、やはり任天堂のゲームは意地悪です。

おまけに操作性はすこぶる悪い。コミカルと言えば聞こえはいいが、ドタバタ走りのルイージは逃げるのも遅いし、オバキュームを構えたまま方向転換もできません。ですから慌てるとミスのオンパレードとなり、ダメージ食らいまくり。正直、キャラの操作性の悪さがこのゲームを非常な高難度にしています。

娘もマルチプレイに参加したいというのでマルチをしてみたのですが、これが本編を上回る超高難度。こんなんできる人いるのか?
攻略動画でも探してプレイしてみるか…。
(15.1.20コロりん記)
01/17
不動産関連業者のSUUMO(スーモ)が今年の1月に「名古屋で住みたい街のランキング」というのを発表していました。
161171_20160117002052937.jpg

それによると堂々の1位に輝いたのは「覚王山」
これは少々意外。覚王山は特に大きな街でも賑やかな街でもなく、住むのに苦労しないという程度の街なのです。ですがよくよく考えると、これこそ1位になるための必須条件であることに気づきました。

2位以下には「星ヶ丘」「本山」と東山線沿いの街が続きます。名古屋で最も古い地下鉄東山線は駅ごとに繁華街やショッピングセンターがあり、生活に不便しません。そして異常な人混みもない、そんな環境が快適さのイメージになったのでしょう。

それとやはり山の手の街が上位に多い。大須のある「上前津」は26位ですし、乗降客の多い「神宮前」などはランクにも入っていません。商店街もあるし、ショッピングセンターもあるのに、下町のしがらみは嫌がられるんでしょうか? 
「伏見」も10万人近い利用客があるが、ランク外、「矢場町」も松坂屋をはじめ、繁華街があるのにランク外です。ビジネス街のイメージが強いのでしょう。
鶴舞線沿線が意外と人気がない。「原」とか「平針」とか、住みやすそうな気がするんですけどね~。

「名古屋」「金山」もランクインしていますが、「人が多すぎる」というのが少し順位を下げた理由のようです。あまりゴミゴミしていても順位は下がるようです。
区境の街もありますが、港区と南区には選ばれた街がありません。そういうイメージなんでしょうな…(守山区もない…大きな駅がないことも影響しているか?)。

下には30位までのランクと鉄道駅乗降客数を掲載しましたが(平成26年名古屋統計年鑑、2013年データ)、数万人クラスの駅前が人気なのが分かります。これより駅が小さいと繁華街が形成されず、買い物などに不便になります。
161172.jpg

それにしても名古屋人って地下鉄が好きなんですね。30位までのうち、鳴海を除き29カ所が地下鉄の駅前です。JRや名鉄も入っていますが、地下鉄と併設なものがほとんど。
「名古屋で電車といえば地下鉄」
というのは名古屋人の当然の認識なのです。
(16.1.17コロりん記)
01/14
昨夜は娘がイカきゅんナワバリバトルで、19キル1デスという驚異の記録を出したのに仰天。
絶対、うちの子、ニートかチートだと思われてるぞ…(笑)。

「新世紀SF映画100」という本を購入しました。
16114.jpg

このところ、DVD・BDレンタルが滞っていたので、なにかの参考になるのではと思って買ってみました。1200円という値段が比較的手頃だったのも理由のひとつです。

中心に写っている女性、ミラ・ジョボビッチのアリスかと思いましたが、この本ではバイオは紹介されていません。まああれもSFと言えば言えないこともないとは思うけど…。
新しいところではスターウォーズやマッドマックスが入っています。マッドマックスは未来世界の話ですが、別にSF味はないと思うけどな。ま、キネマ旬報1位も取ったことだし、いいか(すげえテキトー)。

1950年代の古典どころが入っているとはいえ、少しばかりラインアップがマニアック(笑)。「月世界征服」とか「禁断の惑星」とか「ファンタスティック・プラネット」「蝿男の恐怖」とかが入っていて、「2001年」や「猿の惑星」「アンドロメダ…」「ジュラシック」「惑星ソラリス」などが入っていません。めいっぱいのSF作品だと思うけどなあ。
「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式」なんてタイトルの映画…B作じゃないのかな…ちょっと、いやかなり不安。

「トランスフォーマー」などは入っていますが、なぜか「バック・トゥ・ザ・フューチャー」はPart2しか入っていません。どういう選考基準? あ、だから「新世紀」なんだ。でもまあ掘り出し物を探すのにはいいかも…。
「レポゼッション・メン」のような退廃的なSFも紹介して欲しかったです。

この手の本は作品の紹介が主なので、批評は抑えられています。特に否定的な評価は避けるのが常でして、「パンドラム」なんてけっこうツッコミを入れたりしたけど、この本ではサラッと紹介。
もう後は観て確かめてくれということですかね。

SF映画とあっては邦画の出る幕ないですね。
いや、日本の映画文化そのものが世界に通用していないのも事実なんですが、特にSFという分野は…ね(言わぬが花)。
(16.1.14コロりん記)
01/12
海外のゲームというと日本ではなかなか受け入れられません。その理由は単に「ガラパゴス」というよりも、明らかに嗜好の違いといっていいでしょう。
洋ゲーにはGTAやCODで代表されるような、暴力・戦争・犯罪にかかわるゲームが多く、どうしても娯楽としての意味合いが強い日本のユーザーには合わないのです。要するに「現実を離れて楽しむ世界にまで、そうした生々しい過激描写を持ち込んで欲しくない」と考える向きが多いのでしょう。

さて、昨年2015年のゲームソフト年間ベストテンは以下のようになります。
161121.jpg

この中で世界でも同じようにヒットしているのは「スプラトゥーン」「マリオメーカー」「ハッピーホームデザイナー」くらいで、あとは日本に比べるとはるかに売り上げが小さいか、あるいはまだ発売されていないかのどちらかです(FEは売れる可能性が高いが、海外の発売は2月)。

洋ゲーの特徴のひとつとして、過激なまでの残酷シーン、流血シーンが含まれていることがあげられます。
「モンスターハンター」も血しぶきが上がるものの一瞬で、これが和ゲーの暴力描写の上限なのかなと感じます。
161122.jpg

同じゲームでも国内と海外では大きな違いがある場合があり、たとえば「バイオハザード4 Wii Edition」の主人公レオンの死亡場面(ゲームオーバー)の比較映像を見たことがありますが、海外版では首が切断されたりしています。はたしてそんな残酷描写が本当に必要なのかという疑問はあります。

据置機が中心の海外ゲーム事情では、ゲームは中年層が多くプレイしているためにこうなるのでしょうが、マンガやアニメが本来子どものものであるように、ゲームも本来の姿である子どものものである日本のあり方が自然のように思えます。

もちろん海外でも残酷ゲーや暴力ゲーばかりではなく、ポケモンも売れますし、どうぶつの森も合計1000万本以上売れました。こうしたほのぼのとした世界観のゲームは受けるのだから、日本が無理をしてリアルに残酷ゲームを作ることもないし、欧米ならではの戦争や犯罪もののゲームに嗜好を合わせることはないでしょう。
日本のゲームのヒットの延長線上に世界でのヒットがある…そんな姿で問題はないと思われます。
(16.1.12コロりん記)
01/10
どこの国でもそうですが、日本には独自の文化があります。
こうした文化で、他国や組織から疑問や批判を受けると「日本の文化に干渉するな! 破壊するな!」と国粋的な人たちが叫ぶことがあります。

ところが調べてみると、日本独自の文化と思われたことが実は全然日本発祥でなかったり、歴史的にも古くもなかったりすることがあるようです。
今回はそうした「歴史があるようで、実は新参者だった風習」というのを調べてみましたので少し紹介してみます。

「夫婦同姓」
今は「選択的夫婦別姓」を導入するかどうかでもめているのですが、そもそも夫婦同姓はたいした歴史はありません。江戸時代には姓を名乗ることは公式にはありませんでしたが、実質持っているのは普通のようでした。そして夫婦が別の姓を持っているのも普通でした。というか、結婚を機に姓を変える…ということがなかったのです。
明治になって姓が名乗れるようになると、1876年に「夫婦は実家の姓に合わせる」ことが決められたのです。つまり夫婦同姓は140年ほどの歴史しかない新しい制度です。

「初詣」
これはシノドスにも掲載された記事です。
「初詣は新しい参詣スタイル!?――鉄道が生んだ伝統行事」
江戸時代には神社仏閣に新年に詣でる(この場合旧暦)という風習は文書からも残っていません。では最初に「初詣」の記事が登場するのは、1885年に鉄道会社が東京から川崎大師に参拝する風習を作って乗客を呼び寄せようとしたものです。
初詣という古い歴史がありそうな慣習も、たかだか130年の歴史しかありません。

「六曜」
大安吉日とか仏滅とかのあの「六曜」です。
差別の温床になるとかで、一部自治体では騒動になった六曜。最初に大陸から伝わったのは鎌倉時代ですが、当時はまったく庶民の間には広まりませんでした。
明治時代にやっと世間的には認知されるようになりましたが、現在のように庶民の間に広まったのは、なんと戦後のことのようです。

「誕生日」
昔は旧暦を使っていましたから現在のように「満○○歳」という数え方は困難です。ですから新年を迎えた時に「数え年」がひとつ増えました。
明治になって新暦による満年齢を制定しましたが、いくらお上が「こうしろ」と命じてもなかなか広まらないのは世の常。満年齢による誕生日を祝うようになったのは戦後になってからです。せいぜい60年くらいですね。

新しい風習だから廃棄していいとか、新しくても風習はできるととるかはそれぞれですが、なんでもかんでも「日本古来の文化だ!」といきり立つのはやめましょう。恥をかくかも知れませんよ。その風習は歴史もなかったり、商業に踊らされたりしているものも多いのですから。
(16.1.10コロりん記)
01/07
16107.jpg
「スプラトゥーン」が発売されたのは2015年5月、当初は「発売後半年間は無料アップデートを行う」という方針が任天堂から発表されました。
さて問題はその後、「無料期間が終わったら有料のアップデートがあるんかいな?」との憶測がいろいろなところでなされていました。

しかし任天堂は「2016年1月でアップデート終了。有料ダウンロードコンテンツは実施しない」ことを明言しました。

ひょっとしたら強いブキやギアが課金で配布されるのかも知れない、と期待していた人もいるようですが、コロりんはこれで良かったと思います。
というのもこのゲームはカネの力で強くなるのは似つかわしくないと思うからです。

「4歳の娘がローラーで楽しそうに塗ってる。負けてばかりだが、それでも塗っているときは楽しそうだ」
という投稿がハイカラシティに掲載されたことがあります。
これこそがイカきゅんの最大の魅力! うまい人はガチバトルで、ヘタな人もナワバリバトルやフレンドバトルで楽しく遊べる新感覚のシューティングゲーム、これが「スプラトゥーン」だと言えます。

これまでシューティングといえば、ゲーヲタな人たちが殺伐とした世界で繰り広げるディープな世界…というイメージがあり、トーシロにはとっつきにくいジャンルでしたが、これをあらゆる人が参加できるように作ったのがイカきゅんワールドだからです。

確かにブキやギアでどんどん強くなって、強敵とガシガシ闘いたい! という人もいるでしょう。そういう人たちのために次回「スプラトゥーン2」では(ハードはNX?)、強豪モードなるものが出てくるかも知れませんね。

さて1月の何日をもってアップデート完全終了となるかは明らかではありませんが、最後のアップデートとして、最高ランク50を99まで上げて欲しいな。
(16.1.7コロりん記)
01/04
「妖怪ウォッチ」映画を観に行った12月19日に「ボーイ」「ガール」amiiboを入手した後、ネット通販で「イカ」のamiiboがほぼ定価どおりで販売されていることを知り、さっそく購入。とうとうイカきゅんのamiiboの3つが手に入りました。
161031.jpg

「んじゃまあ、さっそく課金マンになって新ブキを使おうか!」


と思ったら、いやいやそうは簡単にはいきませんでした。
「ガール」はチャージャーで、「ボーイ」はローラーで、それぞれヒーローモード(オフラインのアクションゲーム)をクリアせねばならなかったのです。
チャージャーもローラーも癖のあるブキなので、特定のボスにはかなり苦戦します。塗りが必要なボスにはチャージャーは苦手ですし、遠距離攻撃を必要とするボスにはローラーは苦手なのです。

それでもなんとかかんとかこれらをクリアして(ラスボスが意外と楽だった)、残る「イカ」にチャレンジ!

「シューターは使い慣れているから楽勝だろう」
と思っていたのですが、さすがに意地悪な(笑)任天堂、クリア条件に、制限時間やインク量制限を持ち込んできやがりまして、これにより何度かゲームオーバー。
それでもダイオウイカになればラスボスは余裕のよっちゃんで倒せました。

そして「ヒーローシューターレプリカ」を入手。
でもまあ、使い勝手は娘からしたら「わかばシューター」、コロりんからすれば「プロモデラーMG」に勝るものじゃありませんけどね。
151032.jpg

そしてギアを完全装備すると、これがすごい格好でして、モビルスーツかサムス、マスターチーフか、という姿。でもギアにはスロットが付いていて、やはりステータスの強いスロットを身に付けないと打たれ弱いんですね…。
(16.1.4コロりん記)
01/02
え~、今年になりました(笑)。新年いかがお過ごしですか?
コロりんは仕事です(泣)。

昨年末は立て続けにゲームの話題でしたので、ここらで少し目先を変えて、スポーツの話にいきたいと思います(突然)。

しばしば投手の「内角攻め」により、投手と打者が睨み合うシーンが見られます。投手はストライクゾーンだけで勝負するのではなく、ボール球もうまく使って組み立てで打者を打ち取ることが要求されます。ボールゾーンはすべての方向(内角・外角・高め・低め)にありますから、これらを駆使して打者の目を翻弄することに問題はありません。

内角攻めで両軍が険悪な状況になるのは、ただ単に投球術の一環として行っているものではないときです。
もちろん、相手にぶつけるようなビーンボールは論外ですが、そこまでいかなくても「相手に恐怖心を与える」目的で内角攻めをする投手が少なからずいるのです。
そして昔の野球をしてきた野球評論家の中には、
「恐怖感を与えるのも戦術のうち」
と言ってはばからない人がいます。

コロりんはこれに非常に強い違和感(いや嫌悪感か…)を覚えます。
では投手に向かってすっぽ抜けたように見せかけてバットを投げつけるのも戦術のうちなのか? スライディングの際、スパイクを上に向けて相手に鋭い金属で蹴りつけるように見せるのも戦術なのか?

先の「世界野球WBSCプレミア12」ではクロスプレイ時の捕手のブロックと、走者のタックルが禁止されました。日本のプロ野球でもしばしば乱闘のもととなった捕手のブロックは、クロスプレイのとき、ベース上に覆いかぶさって本塁を踏ませないようにする、すると走者はこれを突破するためにはタックルで体当たりするしかない。これは過去にも負傷者を多く出した危険なプレイです。
だからこうした場面では本塁にかぶさってはいけない、ベースは空けておかねばならない、というルールが持ち込まれたのです。
プロ野球でもこのルールは採用されるようです。

「勝つためにきれいごとなど言ってられるか!」
などと言う評論家や指導者は失格です。特に身体が資本のスポーツでは、ラフプレイは禁止されなければなりません。
相手に恐怖感を与えることで勝ちを得ようなどという考えは邪道であることを共通認識としたいものです。
(16.1.2コロりん記)
プロフィール

五十 未千夜

Author:五十 未千夜
前HP「ぱーぷるトライアングル」続編ブログ。「フリートーク」の続編です。

別サイト「数のお遊び 1、2のポカン」も追加しました。

未千夜の過去人形ブログも兼ねています。

<このブログに登場する我が家の住人> カスタムをほどこした子には(★)がついてます。

[Lati]
千影:Yellow Laches(★)
未影:Yellow Pury(★)
こりす:White Pury(★)
こじか:White Laches(★)
ひな:White Pury眠(★)
[ROSENLIED]
紗弥:Arina 
華弥:Poppy (ver.Girl)(★)
リズ:限定Lime(★)
ロゼ:限定眠りLime(★)
[piposdoll]
メルル:眠りBaha
ティーティ:Ringo(★)
アリス:Alice Jr.
[VOLKS]
由沙:幼天使ゆき 白雪(★)
由他:幼天使ゆき(★)
一葉:幼SDネオン(★)
鈴菜:幼SD鈴菜
[FELIX]
るぅ:Brownie Momo(★)
すぅ:Brownie Momo眠(★)
ちぃ:Baby(★)
ぽぅ:Brownie PEPE(★)
[CUSTOM HOUSE]
セラ:Bisou Ai Muu
サチ:Bisou Ai Pepe
ウリエル:Petite Ai ウリエル
呼子:Ange Ai Nari(★)
ガブリエル:Petite Ai ガブリエル(★)
ハナエル:Petite Ai ハナエル(★)
ミュリエル:Petite Ai ミュリエル(★)
[theOrientDoll]
キリエ:So JI(★)
[ELFDoll]
ぷぅてぃー:CherryB Babies-JULIA
ぷぅにぃー:眠りJULIA
[Leeke]
アーシャ:Mingky
[SOOM]
[MD/Jul] Keny(★)

[iMda Doll]
Modigli3.3 (★)
Modigli2.2

ロルドール(★)

ブログ内検索