--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/27
娘が数カ月ほど前から、ECCジュニアの英会話教室に通っているんですね。
しかし、この夏あたりから「行きたくない」と言い始めました。理由を聞いてみると「全然分からない。なんの役にも立っていない」というのです。

娘の英会話の先生は日本語がまったく喋れません。
そのため、会話の分からないところも英語で聞くしかないのですが、それができるくらいなら初めから教室に通う必要なんてありません。

しばしば、「日本語禁止」の英会話レッスンなどが紹介されます。英語だけの中に放り込まれれば、次第に英語に慣れる、という方針のようですが、結局のところ、ある程度の下積み知識がある人以外は挫折してしまう人が多いようです。
いろいろな英語教育を述べたサイトなどを検索してみたのですが、「いきなり英語だけの中に入れられても、英語は身につかない」とはっきり述べているサイトが多く、やはりそんなものなんでしょう。

娘の英会話教室も環境的には似たような状況にあり、先生は日本語が分からないので、英語でコミュニケーションを取るしかないのですが、右も左も分からない娘にそんなことができるはずがありません。
「今日は何を勉強したの?」
と聞いても、「色、形」とか言いますが、肝心のことは何も学習できていなくて、同じ聴講生と遊んだことしか記憶に残らないようです。つまり結論としては、

「英語onlyの力技的な指導法では身につかない」

ということがはっきりしたのです。

ECCにはそのことを伝えてあり、「来年からは日本語の理解できる講師を呼ぶ」とは言っていますが、このままでは月謝をドブに捨てている状態なので、どうしていいのか非常に困っています。
何より娘が楽しそうじゃないんですよね。通う時も表情が暗い。こんな状態で勉強しても身につくはずもない。今後もこのままならECCからは撤退するつもりです。

やはり日本語の分かる講師、あるいは最初は日本人講師について英語の初歩を学んだ方がいいように思います。英語の「イロハ」も分からないのに、英語onlyの中に放り込んでも、学習効果は上がらないことを痛切に感じた次第です。
(16.9.27コロりん記)
スポンサーサイト
11/02
2歳くらいに「仮面ライダー電王」を見せたのがきっかけで、娘は特撮やアニメに興味を持ち始めました。
やがて日曜の朝は「戦隊ヒーローシリーズ」「仮面ライダーシリーズ」「プリキュアシリーズ」と、約1時間半にわたって鑑賞するようになりました。

「仮面ライダー鎧武」は好きでした。駆紋戒斗(くもんかいと)が好きで、仮面ライダーバロンが出てくると、「かいとさんだ、バナナだ!」とはしゃいでいました。
しかしその後は急速にその興味を失いつつあり、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」「仮面ライダードライブ」は、とりあえず観てはいましたが、それほど興味を持ってはいないようでした。戦隊もののピークは「海賊戦隊ゴーカイジャー」だったように思えます。

真っ先に興味を失ったのは「プリキュア」です。
「ハピネスチャージプリキュア!」まではそれなりに毎週観ていたのですが、やがて録画でいいや、となり、次作で現在放映中の「Go!プリンセスプリキュア」に至っては、現在ではまったく見向きもしなくなったのです。
そして現在、日曜朝はまったくこれらのヒーロー物は観なくなりました。
「仮面ライダーゴースト」などは1回も観ていません。娘の「戦隊・ライダー・プリキュア熱」は完全に冷めてしまったのです。

でも考えてみればこれが自然の姿なのかも知れません。
オタクな人が「特撮技術がどうの、プリキュアのデザインがどうの」と言っているのは、傍から見ているとやはりちょっとおかしな人たちと思えるのでしょう。

そもそもコロりんの目から見ても、ライダーだけはともかく、あとの2作はどれもこれもマイナーチェンジの連続で、特にプリキュアに至っては、設定が途中から完全に変えられていたり、最初の設定がまったく忘れられていたりと、粗雑な面が目に付き、もうすっかり観ようという意欲さえわきませんでした。

思い起こせば、コロりんも特撮ヒーローものから卒業したのは小学校の4年生くらいだったので、やはりこの頃になると興味の大変換が起きるのは普通のことのようです。
15b02.jpg

ただ娘は今も「ポケモンXY」(最近から「ポケモンXY&Z」)と、「妖怪ウォッチ」は観ています。
頭もとにはマスコットキャラやらゲームキャラの多数のぬいぐるみがびっしりと置かれており↑、まるで「座敷わらしの出る宿」状態(笑)。

こうしてみると、やはり子どもは「自然な形」で成長していくのだなと実感する次第です。
(15.11.2コロりん記)
02/14
雪の降る寒い13日の金曜日、娘は9歳の誕生日を迎えました。
かつてのフリートークを見ると時の流れを感じますね…。娘がまだ未千夜の胎内でミジンコ状態だった時から、このサイトは細々とですが続いているのですね。
そんな娘もまもなく4年生。小学校でも高学年の部類に入るのですか…(しみじみ)。

コロりんの3DSは娘の誕生日を設定しているので、いろいろなソフトが誕生日を祝ってくれます。下(↓)はポケモンORASでの誕生日イベント。ポケモンセンターに入った途端、天井からピチュー(?)が降ってきてコロりんの…じゃなくて娘の誕生日をお祝いしてくれました。
あとはどうぶつの森トモダチコレクションなどなど…。
152141.jpg

そんな娘がプレゼントにねだったものがあります。
それが下(↓)のカピバラさんのぬいぐるみです。全長約50センチ。「なんだ、発売元はあのバンダイかよ…」親がこう言うと娘は睨んできます。いや、別にカピバラさんが悪いと言っているわけではないんだが(笑)。
152142.jpg

十数年ほど前からゲーセンなどでしばしば見られたカピバラさん。
セントレアのガチャでゲットしたけど紛失して、電車を遅らせてでももう一度ゲットに走ったこともありましたっけ。まあとにかく娘は動物系のぬいぐるみが大好きで、カピバラさんのほかにもウサギ、バク、ネズミ、ネコなど、9歳にもなって布団の頭先にズラリと並べて満足そうです。特に、もふもふのぬいぐるみはお気に入り。

ほかに欲しがった誕生日プレゼントは科学の実験キット。実験用のクエン酸など。…なんだかカピバラさんとはあまりにも方向性の違うプレゼントなんですけど…。

そろそろケーキの上にロウソクを立てるのも難しい年齢になってきました。
そういえば風の「22才の別れ」で“誕生日に22本のロウソクを立て”という部分がありますが、ケーキの上に22本もロウソクを立てたらハリネズミ状態になってしまいますね(笑)。
(15.2.14コロりん記)
02/07
皆さん、高校や大学時代、授業が休講になると「ラッキー♪」とか思いませんでした?
コロりんは思いました。「やったー、○○先生、風邪引いてくれてありがと」なんて不謹慎なことも。

でも、よーく考えてみると、高校以上は義務教育じゃないから授業料は個人が負担しているんですよね(無償化の話もなかなか進まないですね)。
ということは授業が潰れるということは補習・補講でもない限り学生たちにとっては「損」になることなんです。補習などがあっても、余計なことしやがってとぶー垂れるのが常でしたが。

さて社会人になると、なんらかの講習を受けるためには今度は自分の財布からカネを出さなければいけません。そうなると人間というのは現金なもので、中止になったりすると
「補講はいつなんだ! カネを取ってるんだから当然補講はあるんだろうな!」
と文句垂れるわけですよ(笑)。今度ばかりは自分がカネ払ってますからね。
と同時に、なんで昔は授業が潰れて喜んだりしてたんだろ? という思いにもとらわれるのです。あの頃は授業料出してるのは親でしたからね。やっぱり世間知らずだったわけです。

さてこの冬、コロりんと未千夜はほぼ同時にインフルエンザAに罹りました。高熱と激しい頭痛に見舞われ、実に苦しい思いをしました。特にコロりんは1997年の元旦以来、熱を出して寝込むということはありませんでしたから、18年ぶりの患いは相当に苦しいものだったのです。

ところでインフルエンザには予防接種という手があります。いろいろ反対論も見聞きしますが、2012年に娘が罹った時には丸一日で熱も収まったのでやはり効果はあったのでしょう。予防接種には感染を防ぐ力はほとんどありませんが、症状が軽く済むという大きな利点があります。子どもや高齢者は肺炎や脳炎といった重症になることもあるので、やはり予防接種は受けさせてやりたい。

ということで我が家では娘のみに予防接種を受けさせています。両親は受けていません。理由は…保険が効かないため料金が非常に高額なためです(しかも予防接種は医療費控除の対象にもなりません)。
そうとも知らない娘、予防接種の季節になると言うんですよね。

「パパ、ママだけ注射うたないなんてズルい~!」

おまえな~、優先して予防接種受けさせてやってるんだから少しはありがたいと思えよ。
親だって本当なら受けたいよ。もう少しでも料金が安ければ…。授業料払って休講を喜ぶ学生が、聴講料を自腹で払う立場になると休講に詰め寄るのと似た状況でしょうか。

「親の心子知らず」とも言いますが、わが娘も子どもを持つ時には同じことを感じるのでしょう。
(15.2.7コロりん記)
12/04
12 3a
本日、無事帰宅しました。
更新がない間にもコメントや拍手、ブログを見にきてくださりどうも有り難う御座います。

母ですが、五ヶ月程前から全身原因不明の痛みに襲われ、ベッドに横になってないと辛い日もあるそうなのですが、私と娘が居る間は良い気分転換になったのか、さほど体が痛まずにすんだようです。
実家に行った当日は、痛みで酷く疲れた表情をしていてとても心配でしたが、その翌日からは随分表情が明るくなって、公園に散歩にも出かけました。
結婚前は私が母の話し相手になっていたのですが、今はストレス解消の場がないようなので、また来月、娘を連れてお手伝いに行こうと思います。
プロフィール

五十 未千夜

Author:五十 未千夜
前HP「ぱーぷるトライアングル」続編ブログ。「フリートーク」の続編です。

別サイト「数のお遊び 1、2のポカン」も追加しました。

未千夜の過去人形ブログも兼ねています。

<このブログに登場する我が家の住人> カスタムをほどこした子には(★)がついてます。

[Lati]
千影:Yellow Laches(★)
未影:Yellow Pury(★)
こりす:White Pury(★)
こじか:White Laches(★)
ひな:White Pury眠(★)
[ROSENLIED]
紗弥:Arina 
華弥:Poppy (ver.Girl)(★)
リズ:限定Lime(★)
ロゼ:限定眠りLime(★)
[piposdoll]
メルル:眠りBaha
ティーティ:Ringo(★)
アリス:Alice Jr.
[VOLKS]
由沙:幼天使ゆき 白雪(★)
由他:幼天使ゆき(★)
一葉:幼SDネオン(★)
鈴菜:幼SD鈴菜
[FELIX]
るぅ:Brownie Momo(★)
すぅ:Brownie Momo眠(★)
ちぃ:Baby(★)
ぽぅ:Brownie PEPE(★)
[CUSTOM HOUSE]
セラ:Bisou Ai Muu
サチ:Bisou Ai Pepe
ウリエル:Petite Ai ウリエル
呼子:Ange Ai Nari(★)
ガブリエル:Petite Ai ガブリエル(★)
ハナエル:Petite Ai ハナエル(★)
ミュリエル:Petite Ai ミュリエル(★)
[theOrientDoll]
キリエ:So JI(★)
[ELFDoll]
ぷぅてぃー:CherryB Babies-JULIA
ぷぅにぃー:眠りJULIA
[Leeke]
アーシャ:Mingky
[SOOM]
[MD/Jul] Keny(★)

[iMda Doll]
Modigli3.3 (★)
Modigli2.2

ロルドール(★)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。