07/17
最初に言います。
ネット上でのネガティブ評価を見て、映画鑑賞をやめないでください。この映画は本当におもしろいですから。なによりもお高くとまりつつある最近の国産アニメとは違ってテンポがいい。

「ポケモンの当たり前を見直す」的なノリで作られたこの映画、リメイクでありながら新作です。脚本が米村さんでしたので少し心配をしていましたが、無用でした。
17717.jpg

あのいうことをきかないピカチュウの姿から始まります。そしてオニスズメに襲われたピカチュウが傷だらけになるところも同じ。これらがCGを駆使した最先端の映像で再現されたのは嬉しい限り。
このあと、サトシと一緒に旅するのが新キャラなのが良かった。へんにカスミとか出されたらただの焼き回しになってしまいます。

死んでいくポケモンがあり、その今までにないシビアな映像にも驚かされます。これまで極力避けていた「ポケモンの死」というものに踏み込んだ作品でもあります。

今回のサトシは未熟な点も多く描かれ、その成長も描かれています。これまでの映画では概ね空気でしかなかったサトシが主役としての地位を得たのです。
同様にポケモンのマスコットキャラクターの位置にありながら、映画では活躍の場が少なかったピカチュウの活躍も描かれます。

難を無理にでもあげるとすれば、マーシャドーがどんな能力なのか? 敵なのか味方なのかが分かりません。
おそらくホウオウの羽根の扱いによって、敵にも味方にもなるし、善にも悪にもなる、人間の価値観を超越した存在なのかも知れません。

そして死んだ(?)サトシを復活させるのはホウオウもしくはホウオウの羽根でも良かったんじゃないでしょうか。
サトシが復活した後でホウオウが姿をあらわすのは順番が逆だったのでは、と感じました。
(なおこの場面でピカチュウの声が聞こえます。ネガティブな人たちは「ピカチュウが喋るのは認めない」と言いますが、ピカチュウが喋っているわけではありません。ピカチュウの心の声をサトシが想像していただけのシーンです)

今回は港イオンのベイシティに観に行きました。
普段は閑散としているこの映画館で、初めて満員を見ました。それもチビッ子がいっぱい。これは嬉しいですね。子どもは正直で、みんな面白かったと言っています。
ひねた大人が保守的な価値観に縛られていて、二言目には「コレジャナイ~」を連発しても、子どもたちにポケモン人気が復活したことを良かったと考えましょう。
(17.7.17コロりん記)
05/25
先日ケーブルでアニメ(カートゥーン)を観ていたら「トムとジェリー」が流れていました。
すでにふたりはケンカしない時期の作品だったのですが、やっぱり「トムとジェリー」には仲良くケンカが似合いますね。
さて懐かしの海外アニメです。1970年代から80年代にかけ、再放送を繰り返しました。夕方のキッズタイムには頻繁に流れていたのを観た人も多いでしょう。
17525.jpg
かなりマイナーなものを含めて一覧にしてみます。

Dastardly and Muttley in Their Flying Machines
スカイキッドブラック魔王(ハンナ・バーベラ)1969

ブラック魔王はDick Dastardly、ケンケンはMuttleyですか。あの「ウシッシッシ」笑いは原作通りなんでしょうか? 画面ではマットレーは確かにそんな感じで笑っていますね。
伝書鳩とブラック魔王たちの文書争奪戦です。

Wacky Races
チキチキマシン猛レース
(ハンナ・バーベラ) 1970

原題は「おかしなレース」。「チキチキマシン」は原題にはなく「チキチキバンバン」から取ったであろうことは想像がつきます。
レースをして結局はインチキが裏目に出て負けるというのがお約束でした。

同じハンナ・バーベラからは、

Josie and the Pussycats
ドラドラ子猫とチャカチャカ娘
(ハンナ・バーベラ)1971

原題はそのまま「ジョシ―&プッシー・キャット」。まあ日本のキッズにフィットさせるには邦題のほうが良かったでしょう。

Tom and Jerry
トムとジェリー
(第二次大戦中から)

さて問題のトムとジェリー。おそらく日本で最も再放送された海外アニメでしょう。妖怪ウォッチでも猫妖怪トムとジェリーさんが出てきます。でもこのゲームは欧米ではまずまずのヒット程度にとどまっています。

Groovie Goolies
幽霊城のドボチョン一家
(フィルメーション)1970

原題は「素敵な睾丸」となりますが、そんな低俗なタイトルつけるのかなあ?
それともアメリカでは卑俗的な意味合いが薄いのか?

最近でも海外アニメは放映されています。

Sponge Bob
スポンジ・ボブ
(ニコロデオン)2000

もうこの頃になると原題をそのまま使用します。
一方劇場用では、

Despicable Me
怪盗グルー
(イルミネーション)2010

原題は「卑怯な俺」。
うーん、グルー本人のことを言ってるのか? まあ確かにあの映画は自分を卑下するような描写が時折入りますが…。
(17.5.25コロりん記)
05/17
トム・マッカーシー監督作品、2016年アカデミー賞オスカー獲得作品です。キネマ旬報3位、メタスコア93点。
評価は最高ランクです。評論家による評価もほとんど高い。

でもなんなんですかね。イマイチハマりきれないというか、盛り上がりに欠けるというか、面白みがないんです。

教会の性的虐待を描いた作品で、「海外の事情が分からないから理解できない」という人も多いが、いくら日本でも教会が慈善行為を行っていることなど知ってそうなもんだが…。
少しでも西洋的宗教の話が絡んでくると「宗教的な映画で日本人には分からない」という人もどうかと。それ、あまりに不勉強過ぎません?

まあそれでも、日本でいえばお坊さんや神社の神主が性的虐待をしているのと同じような話なので、それ自体はなかなかに衝撃的な内容です。

問題は新聞社ボストングローブの「スポットライトチーム」が組織としては目立っているが、個人のドラマが弱く、焦点が散漫になってしまうことです。
誰かの主観的な視線で描かれているわけでもない、誰かに感情移入できるわけでもない。

さらに娯楽性が少なすぎるということ。まるでドキュメンタリー映画です。ならば一般商業映画として発表するのはちょっとズルいわけで、教会の性的虐待というキリスト教圏ではショッキングな題材を使用しているのでなおさら評価が高くなったということでしょう。

淡々とした描写が続き、なにかわざと娯楽的な描写を避けているかのよう。
ですからこの映画には、映画を観る我々のような「愚鈍な」観客にとっては、「お高くとまっている」ように見えるのです。

やはり商業作品として見せるためにはなんらかの「魅せる努力」が必要なのです。

キネマ旬報はやたら文芸的作品を上位に持ってくる癖がありますが(そのためコロりんは評論家選出より読者選出の方を参考にしている)、アカデミー賞はそうとは限らず娯楽作品も選ぶため、ここまで禁欲的な作品にしなくても良かったのでは? とも感じます。

テーマは重いし、着眼点もいい。ですがなにもここまで淡々とした映画にしなくてもよかったのではないかと思える作品でした。
(17.5.17コロりん記)
05/13
ロドリゴ・コルテス監督によるスペイン主導の映画です。
主人公ポール・コンロイ以外、生身の出演者はひとりもいません。まさに究極の少人数映画です。

ポール・コンロイは民間トラックの運転手だったが、イラク戦争の最中テロリストの襲撃を受け、仲間の米国人は皆殺しにされ、ポールは拉致され棺桶の中に閉じ込められ身代金を要求される。

95分間、棺の中しか出てきません。非常に圧迫感を覚え、息苦しくなりそうな映画です。
「ゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルド」が高所恐怖症の人にはクラクラしそうなゲームという感想がありましたが、こちらの映画は閉所恐怖症の人が観たら辛そうです。

この映画、評価が微妙なんですね。というのも、この映画のオチの意味が分からなかった人が多いからです。
「主人公がどうなったのか分からない」「マーク・ホワイトとはなんだったのか?」
ここから先はネタバレです。

マーク・ホワイトとはポールの以前に同じようにテロリストに拉致された人物です。FBIは彼を救出の成功例としてポールを安心させようとします。
そしてポールを救出したはずの部隊が掘り出したのは…実はホワイトの棺だった。…つまりFBIはポールへの気休めとしてホワイトの名を出しただけで、実際には救出に失敗していたわけです。
そして次の失敗例としてポールが名前に入る…というオチだったのですが、どうやら観客の多くには伝わらなかったよう。

で、そうなるとそれは映画側の責任なんですね。
やはり一般の人が最終的に霧が晴れるように理解できなくてはダメなんです。「観客の理解が足りない」というのは間違いで、「観客が理解できるように見せなければいけない」が正しいところです。

そうした意味で、非常に面白そうなシチュエーションを採用しながら残念な結果となった映画です。途中の謎明かしの見せ方もイマイチでしたし。どうせ犯人と携帯ごしに会話するのならなんらかの頭脳戦を入れても欲しかった。

電話のたらい回し、FBI等捜査当局の官僚的対応、企業の無責任体質…まあどこの国も似たようなもんだなあ、と感じる作品ではありました。
(17.5.13コロりん記)
04/22
木曜夜、ポケモンの後の時間帯で「スナックワールド」が始まりました。すでに放送2周目。
娘はさっそく「観たい~!」と言い出したので録画しながら番組鑑賞。

悪徳商人ビネガーに故郷の村を滅ぼされたチャップが、復讐の旅のため、まずは資金稼ぎに王様のクエストをこなす展開から始まります。ファンタジー世界なのにコンビニはあるわスマホはあるわ、分からないことはネットで検索、そういう世界観です。
17422.jpg

設定がシリアスっぽいのですが、チャップの性格がすごいいい加減で、やることなすこと勝手気まま。ギャグが7割がたを占めるアニメになっていました。

どことなくEテレなどで放映される海外CGポリゴンアニメを思わせます。それはグラフィックがそれ風なのとは別に、ストーリー展開のリズミカルさがそう感じさせるのです。
まあ面白いかつまらないかと言われれば、面白いと言えそうです。

ただ動きがカクカクしてるなあ。まるでゲーム内の処理落ちのよう…。なめらかに動く海外ポリゴンCGとは差が…。

ゲームではチャップが主人公ではありません。主人公は「自分」です。
妖怪ウォッチとも違い、いわばポケモン型でしょうか。たぶん…というか、間違いなく「プレイヤー」主人公は喋らないでしょうね。

ゲーム画面を見る限りでは3DS版とスマホ版はほとんど同じ。ですがアクション味が違うのでしょうね。そうでなければ専用機で出す意味がありません。

昨年末の映画妖怪ウォッチと同時上映されていた雰囲気とは全然違います。
さて来週以降、このストーリーがどう変わっていくのでしょうか? 結構興味を持って見ていたりもします。
(17.4.22コロりん記)
プロフィール

五十 未千夜

Author:五十 未千夜
前HP「ぱーぷるトライアングル」続編ブログ。「フリートーク」の続編です。

別サイト「数のお遊び 1、2のポカン」も追加しました。

未千夜の過去人形ブログも兼ねています。

<このブログに登場する我が家の住人> カスタムをほどこした子には(★)がついてます。

[Lati]
千影:Yellow Laches(★)
未影:Yellow Pury(★)
こりす:White Pury(★)
こじか:White Laches(★)
ひな:White Pury眠(★)
[ROSENLIED]
紗弥:Arina 
華弥:Poppy (ver.Girl)(★)
リズ:限定Lime(★)
ロゼ:限定眠りLime(★)
[piposdoll]
メルル:眠りBaha
ティーティ:Ringo(★)
アリス:Alice Jr.
[VOLKS]
由沙:幼天使ゆき 白雪(★)
由他:幼天使ゆき(★)
一葉:幼SDネオン(★)
鈴菜:幼SD鈴菜
[FELIX]
るぅ:Brownie Momo(★)
すぅ:Brownie Momo眠(★)
ちぃ:Baby(★)
ぽぅ:Brownie PEPE(★)
[CUSTOM HOUSE]
セラ:Bisou Ai Muu
サチ:Bisou Ai Pepe
ウリエル:Petite Ai ウリエル
呼子:Ange Ai Nari(★)
ガブリエル:Petite Ai ガブリエル(★)
ハナエル:Petite Ai ハナエル(★)
ミュリエル:Petite Ai ミュリエル(★)
[theOrientDoll]
キリエ:So JI(★)
[ELFDoll]
ぷぅてぃー:CherryB Babies-JULIA
ぷぅにぃー:眠りJULIA
[Leeke]
アーシャ:Mingky
[SOOM]
[MD/Jul] Keny(★)

[iMda Doll]
Modigli3.3 (★)
Modigli2.2

ロルドール(★)

ブログ内検索