07/17
最初に言います。
ネット上でのネガティブ評価を見て、映画鑑賞をやめないでください。この映画は本当におもしろいですから。なによりもお高くとまりつつある最近の国産アニメとは違ってテンポがいい。

「ポケモンの当たり前を見直す」的なノリで作られたこの映画、リメイクでありながら新作です。脚本が米村さんでしたので少し心配をしていましたが、無用でした。
17717.jpg

あのいうことをきかないピカチュウの姿から始まります。そしてオニスズメに襲われたピカチュウが傷だらけになるところも同じ。これらがCGを駆使した最先端の映像で再現されたのは嬉しい限り。
このあと、サトシと一緒に旅するのが新キャラなのが良かった。へんにカスミとか出されたらただの焼き回しになってしまいます。

死んでいくポケモンがあり、その今までにないシビアな映像にも驚かされます。これまで極力避けていた「ポケモンの死」というものに踏み込んだ作品でもあります。

今回のサトシは未熟な点も多く描かれ、その成長も描かれています。これまでの映画では概ね空気でしかなかったサトシが主役としての地位を得たのです。
同様にポケモンのマスコットキャラクターの位置にありながら、映画では活躍の場が少なかったピカチュウの活躍も描かれます。

難を無理にでもあげるとすれば、マーシャドーがどんな能力なのか? 敵なのか味方なのかが分かりません。
おそらくホウオウの羽根の扱いによって、敵にも味方にもなるし、善にも悪にもなる、人間の価値観を超越した存在なのかも知れません。

そして死んだ(?)サトシを復活させるのはホウオウもしくはホウオウの羽根でも良かったんじゃないでしょうか。
サトシが復活した後でホウオウが姿をあらわすのは順番が逆だったのでは、と感じました。
(なおこの場面でピカチュウの声が聞こえます。ネガティブな人たちは「ピカチュウが喋るのは認めない」と言いますが、ピカチュウが喋っているわけではありません。ピカチュウの心の声をサトシが想像していただけのシーンです)

今回は港イオンのベイシティに観に行きました。
普段は閑散としているこの映画館で、初めて満員を見ました。それもチビッ子がいっぱい。これは嬉しいですね。子どもは正直で、みんな面白かったと言っています。
ひねた大人が保守的な価値観に縛られていて、二言目には「コレジャナイ~」を連発しても、子どもたちにポケモン人気が復活したことを良かったと考えましょう。
(17.7.17コロりん記)
07/09
このところ仕事のために更新できません。
いえ別にきつい仕事というわけではありません。むしろ忙しければそのほうがいい。制限がかかっているために辛いんです。

というわけで久しぶりのアライアンス・アライブです。下は娘が「可愛い!」と言った雪うさぎ。
17709.jpg

しかしこのゲーム、今ちょっと行き詰まっています。
第24章「激突! 魔賊軍 雪舞う橋上の戦い」で、3つのパーティに分かれてそれぞれがストーリーを進めるのですが、これがクリアできないのです。とにかく敵が強い…というよりもこちらが弱すぎる(泣)。

戻ろうにもすでにセーブデータは直前で上書きされており今更なんともなりません。
そこで手持ちの武器や防具でなんとか強化しようとしているのですが果たしてこの障壁を乗り越えることができるのでしょうか?

一応、もっとも弱かったジーンを相当強化はしたのですが、なにせこのイベント戦闘がこれまでまったく歯が立たなかったので、急に楽勝になるとも思えません。

あとは魔族のビビアン。
いろいろな武器を装備させてみましたが、どれも攻撃力が上がりません。どうやら魔法系らしいと思って魔法(このゲーム内では印術)を身に付けようとしましたが…覚えるためのグッズがない…。

買えるところはイベント内だけです。
さあ困りました。このままアラアラは詰んでしまうのでしょうか? 評判の良いゲームだけに詰んだという話は聞いたことがないのでなんとかなりそうにも思えますが。
(17.7.9コロりん記)
06/28
先日、妻が娘の児童手当を受けるため住民票と所得証明書を取りに区役所に行ったのです。そしたら、

「区役所の冷房全然効いていなくて、みんなうちわとかであおいでいたよ」

コロりんも昨年、用があって区役所に足を運んだのですが、そのときも異常なほど暑かったのを覚えています。
妻が区役所へ行った日は最高気温34℃の梅雨の合間の真夏日。それでも冷房は入ってはいるのですがまったく効いていないのです。

そのあと、土曜日に区役所に隣接する図書館に行ったのですが、ここも冷房はまったく入っていませんでした。送風はされていましたが冷房ではないのです。

最近クールビズをめぐる議論で「冷房28℃は暑すぎる」「熱中症の危険」などという意見が出るようになってきました。
そもそも28℃でなんとか耐えられるのは、そこにじっと座っているような場合に限られます。仕事をしたり、歩き回ったりしてはこれは温度が高すぎるのです(同じく暖房も18℃は低すぎます)。
しかも区役所や図書館は炎天下を歩いてきた人が入ってくる場所です。そんな人たちにも「ああ、涼しくて助かるわ~」と思わせるような環境にすべきなのです。

中で働く人たちにもこんな環境は仕事の能率も上がらないし、いいことはありません。
エコのためにはまず官公庁から姿勢を正さねば、ということで公的機関が率先して省エネに励んでいるのでしょうが、無理なガマンを強いるエコなど決してプラスにはなりません。
今の「エコロジー」は、みんなで足の引っ張り合いをしているように見えます…。
(17.6.28コロりん記)
06/24
ポケモンも伝説系を除きほぼゲットし終えてこのところ3DSがヒマを持てあましていました。いやポケモンはやろうと思えばまだまだできるんですけど。

17624 1
そんな折に、ちょっとやり込みがいのあるゲームはないかなと思って手を出したのがこのゲーム「アライアンス・アライブ」です。
あまりフリューのゲームは知らないのですが、「レジェンド・オブ・レガシー」(2015年)が7万本以上も売れるヒットを出しており、まあそこそこには楽しめるのではないかと思った次第。↑を見ると80年代のマンガのようなデザイン。

システムは比較的オーソドックスなコマンド入力型RPG。ただしシンボルエンカウントなので背後からの接触有効。
レベルという概念はなく、どうやら「タレント」というスキルポイントのようなもので各種パラメータや技術が上がっていくらしい。熟練度という発想なのかな、FF2?

始めて数時間、まわりには今の段階では太刀打ちできない強敵だらけです。
ちなみにコマンド画面は↓。ブレイブリーのようだね。
17624 2

まあ最近はこんな環境のゲームは多いので、とりあえずはそのまま話を進めていったのですが、閉鎖美術館というところで詰まってしまいました。ここからどうすればいいのかな? まだ攻略サイトもほとんどできていないので分からない…。

う~ん、この右も左も分からないままゲームを進めていくのはFC時代を思い出させるなあ。「スウィートホーム」なんてまさにそんなRPGでしたし。
ただし「アライアンス…」は戦闘不能になっても蘇生魔法ではなく回復魔法で復活できます。ちょっと変わってます。

今のところおもしろいともなんとも言いようがありません。この先進めて行ってからまた感想述べます。
(17.6.24コロりん記)
06/20
15日の放送、深夜だったので録画しておき後日に観ました。
この番組、やっぱり深夜の方がマニアックでキレがあるなあ(笑)。

「ファミコン」です。SFCもSSもPSも出てきません。文字通りファミコンについて芸人達が熱く語るのです。

いきなりドラクエの話題からヒートアップ。「復活の呪文」とか「冒険の書」だとか、なぜかシンプルなゲームだったのに、遊び方が無限に広がるFC時代のドラクエ。
「あるある」なトークで盛り上がります。
17620.jpg

そのあとは「グラディウス」やら「たけしの挑戦状」やら。

うん? 高橋名人の名前が出てきたぞ? たしか「しくじり先生」で高橋名人が登場した際、「ハドソンの一平社員だった自分に、社長から『今日からお前、高橋名人な』と言われて無理矢理名人のふりをさせられただけで、実際にはゲームは下手」と内実をバラしてしまい、あの発言を聞いたあとにFCの番組でこの名前を聞くと…。

思うんですけど、ゲーム性の高さ、ハマリ度の高さってのは、ゲームの重さとは比例しないと言えるような気がします。
というのも、ドラクエ3の単純移植をプレイすると、その無法地帯のようなプレイスタイルにやっぱりハマるんですわ。

最近ならドラクエ9ですかね。携帯機という低い開発環境で、何百時間もハマリ続けたけれど決して重厚長大なゲームではなかった。
同じことの繰り返しが苦痛に思えないゲームが本当にハマれるゲームだと思うんです。

この番組に出た芸人たちはまさにそんなシンプルな感動を語っていたのです。

やっぱりね、ゲーム機といったらFCなんですよ。決してPSやDSではない。なぜならそこには「100円玉持ってでないとゲームが遊べなかった」その環境を劇的に変えたのがFCだったからだと思うんです。

でももうわが家にFCはありません。どうしてなくなったのか? 捨てたつもりはないんですけど引っ越しを繰り返しているうちになくなってしまった。
こういう喪失感がまた想い出の中に伝説として残るのでしょう。
(17.6.20コロりん記)
06/17
Switchソフト第2弾購入は「Minecraft: Nintendo Switch Edition」です。

なーんだ、ありふれてるなあ…。

今年に入ってからは3本目のゲームソフト。幻影、ゼルダ、そしてマイクラ。
半年で3本しか買っていないんですね。

でも普通の人のゲーム歴なんてそんなものじゃないですか。新作が出るたびに発売日に買って、速攻でクリアして売るなんてのはほんの一部ですよ。なにせゲームは値段が高いですし、やり込みをするとなれば何カ月もかかりますからね。

で、すでにいろいろなバージョンを持っているのにマイクラを買った理由は、今後のアップデートで別のプラットフォームとのオンラインが可能だと聞いたから。
わが家で娘と同じワールドで遊べるのを楽しみにして購入したのです。なにせ別々の画面で、それぞれ携帯機画面で遊べるのならこれは楽しそう。

その娘は友人とWiiU版をボイスチャットしながら遊んでいます。
時折言葉遣いが悪くなるのは気がかりですが、オンラインだとみんな態度悪くなるのね…。

思えばマイクラのことを最初に書いたのは2013年のフリートークでした。
あれから4年。マイクラはさまざまなプラットフォームに登場し、販売数は1億本を超え、歴史に残るゲームとなりました。
これらがクロス展開するとなれば、これもまた歴史的なことになりそうです。

どうやら排他的プラットフォームの世界にも変化の波が来そうです。
(17.6.17コロりん記)
06/14
いよいよ追加配信が30日と決定しました。いまさらコログのお面はいらないですが、ハードモードはちょっと楽しみかも。

竜を狩る旅

ミニチャレンジもコンプし、できることはすべてやり終えたように見える「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」ですが、まだ残っていました。
それは「最強装備」。

まず服に関しては「英傑の服」以上のものはありませんが、セットとなると古代兵装と息吹の勇者シリーズが強力となります。
そこで「息吹」セットをコンプにかかりますが、それにはドラゴンの角、爪、牙、ウロコが必要ときた。
17614.jpg

そこで始まったのが、ネルドラ・オルドラ・フロドラから目指すアイテムを獲得する遠大な旅でした。

思えば冒険開始当初、これらドラゴンが宙を飛ぶさまを見ては、
「今は弱いリンクも、いずれあのドラゴンと闘う時が来るのかなあ。想像もできないくらい先の話だけど」
と感じていたのでした。

これら3ドラゴンは倒すことはできませんが、こうした一部を採取することができます。
かなりの難度で、空中に浮かびながら、目指す角や牙に矢をヒットさせることはたいへんです。

それでももう少しでアイテムも揃いそうなところまできました。遙か彼方にあった夢の最強竜にあとわずかで手が届きます。
DLはそれからでもいいかな、と思うこの頃でありました。
(17.6.14コロりん記)
06/07
娘が歯科へ行った帰り、ポケモンセンターに寄り、まずはお目当てのミミッキュぬいぐるみを購入。これなかなか入手できなくて、今回も一番下の奥の方の隠れたところに置いてある最後の一個を娘が見つけたのです。
身長が150センチに満たない娘だから見つけたのかも。店内にお客さんは多かったのですが、みなさん見落としていたようでした。

そして帰路についたのですが、途中ある遊具雑貨屋さんの前で足を止めたんです。

「これ持ってる子がいるよ」

娘の言うブツとはなにか?
17607 1

ハンドスピナーというそうです。
学校で流行ってるんか?

帰って検索してみると、海外では大流行してるとか。Fidget Spinner(フィジットスピナー)と呼ぶそうです。
海外で流行してても日本人の嗜好に合わないということもあるので実際に遊んだことのある人の意見をみてみると。

「楽しいというよりもついやってしまうという感じ」

なんだそうです。ガムを噛んだりタバコをくわえたり、まあそんな感覚でしょうかね。
高速で回転させると連結部の摩擦を抑えてあるのか、慣性が効いていて2分ほどは回り続けます。

17607 2
通常ならこんな感じなんですが、高速で腕を回転させてストロボ効果をみてみたりと、いや、結構クセになっちゃうかも。
これ以外にもたくさんのデザインがあるようで、腕も3本とは限らないもよう。

発明した女性は筋無力症という病気で子どもと遊べなくなったためのものだとか。
特許は更新料が払えずすでに失効していますが、開発者への敬意は忘れないようにしたいものです。
(16.6.7コロりん記)
06/03
2020年にUSJに登場する「スーパーニンテンドーワールド」。これは過去のいきさつを知る人には少し感慨にふけるものでもありました。

任天堂がアーケードに「ドンキーコング」を配給したのは1981年でした。これがマリオ誕生の時です。世界で最も有名なゲームキャラクターは脇役でした。
コングは敵のボス。ヒロインを助け出す役がマリオ(最初の名はプレイヤー)でした。

このゲームを巡って1982年にユニバーサルは訴訟を起こします。
「ドンキーコングはキングコングの版権を侵害している」
当時、ユニバーサルは同様の訴訟をたくさん立ち上げ「訴訟ゴロ」呼ばわりもされていました。一方当時の任天堂はまだ米国での知名度も低く小さな会社。どう見ても圧倒的に不利でした。

それを覆したのが伝説の弁護士ジョン・カービィ氏。カービィといってもピンクの悪魔のことではなく非常に有能な弁護士です(この名からカービィが生まれた説もある)。
彼はドンキーコングがキングコングに似ている点など皆無に近いこと、キングコングの権利はすでに消失していることなどを指摘、反訴してキングコングのゲームライセンスを出したユニバーサルを追い詰め、ついに1986年、ユニバーサルに損害賠償を命じる判決を勝ち取ったのです。

ここから「任天堂法務部最強伝説」がつくられるわけですが、まあそれはいいとして、この裁判の相手こそが「スーパーニンテンドーワールド」を作る予定のユニバーサルだったのです。
あの裁判からすでに30年以上が過ぎ、確執を知る人も減ったのでしょう。特にアメリカのユニバーサルと金のやりとりのないUSJには抵抗がなかったようです。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは今度は任天堂とタッグを組むことになりました。

2020年になったら中学生になった娘を連れてまたUSJに行きたいものです。

と余談ですが、USJはそれでなくても儲かっているのですから、任天堂にはレゴランドに来てほしかったな…。
(17.6.3コロりん記)
05/30
まず27日の記事についてですが、結論が出ました。
攻略本の間違いです。

900個目のコログは全然別の場所で見つかったのです。とにかくこれでコログもコンプリート。次はミニチャレンジをコンプ目指しますか。
でもなあ…苦手の馬イベントがあるんだよなあ…。

さてと、物心ついたときにそこに当たり前のようにあったスナック菓子カール。そのカールが最期の時を迎えようとしています。
あの口の中でじんわりと解けていく心地よさが想い出されるカール…。でも東海地方でもカールの余命はあと数カ月となってしまいました。
17530.jpg

全盛期の1/3まで売上減…。そんなに追い詰められていたのかカール。
ひとこと…ひとこと言ってくれれば。

妻は典型的なカール女子でした。
まだ娘が生まれる前、もともと間食を取らないコロりんでしたが、妻が実家に帰っている間になんとなく口寂しくなり、
「これ食おうかな」
と思い、妻が買ってきていたカールを食べてしまったのです。そして買って返しておかなかったのが悪かった。

「あたしのカール食べた~!」
「あたしのカール食べた~!」
「あたしのカール食べた~!」

実家から戻ってきた彼女は延々と恨み節をコロりんに呪詛し続けたのです。そしてそれは2年と4カ月(適当)に及びました。

いや~、食い物の恨みは長いといいますが、そんなにカール食べたかったんかよ!?

コロりんは鉄道のことはまったく知りませんが(?)、テツたちが鉄道路線が廃止されるときに押し寄せる感覚が少しだけ理解できたように思えます。

これは転売ヤ―が暗躍しますね。カールの相場が高騰し、闇カールが出回り、地下経済が活発化しそうです。
(いや普通に通販で買えるから…)
(17.5.30コロりん記)
プロフィール

五十 未千夜

Author:五十 未千夜
前HP「ぱーぷるトライアングル」続編ブログ。「フリートーク」の続編です。

別サイト「数のお遊び 1、2のポカン」も追加しました。

未千夜の過去人形ブログも兼ねています。

<このブログに登場する我が家の住人> カスタムをほどこした子には(★)がついてます。

[Lati]
千影:Yellow Laches(★)
未影:Yellow Pury(★)
こりす:White Pury(★)
こじか:White Laches(★)
ひな:White Pury眠(★)
[ROSENLIED]
紗弥:Arina 
華弥:Poppy (ver.Girl)(★)
リズ:限定Lime(★)
ロゼ:限定眠りLime(★)
[piposdoll]
メルル:眠りBaha
ティーティ:Ringo(★)
アリス:Alice Jr.
[VOLKS]
由沙:幼天使ゆき 白雪(★)
由他:幼天使ゆき(★)
一葉:幼SDネオン(★)
鈴菜:幼SD鈴菜
[FELIX]
るぅ:Brownie Momo(★)
すぅ:Brownie Momo眠(★)
ちぃ:Baby(★)
ぽぅ:Brownie PEPE(★)
[CUSTOM HOUSE]
セラ:Bisou Ai Muu
サチ:Bisou Ai Pepe
ウリエル:Petite Ai ウリエル
呼子:Ange Ai Nari(★)
ガブリエル:Petite Ai ガブリエル(★)
ハナエル:Petite Ai ハナエル(★)
ミュリエル:Petite Ai ミュリエル(★)
[theOrientDoll]
キリエ:So JI(★)
[ELFDoll]
ぷぅてぃー:CherryB Babies-JULIA
ぷぅにぃー:眠りJULIA
[Leeke]
アーシャ:Mingky
[SOOM]
[MD/Jul] Keny(★)

[iMda Doll]
Modigli3.3 (★)
Modigli2.2

ロルドール(★)

ブログ内検索